北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

まちなかでBBQしよう 「応援隊」が4月初企画【芽室】

 芽室のまちなかを元気にしようと、町内の商業者や農業者らで結成した「芽室まちなか応援隊」(会長・中島将好旭屋商店社長)は4月13日正午から、町中心部で「芽室まちなかBBQ(バーベキュー)」を開催する。同応援隊が企画する初のイベントで、町民をはじめ多くの参加を呼び掛けている。

ジャガイモが越冬中の雪室の前で来場を呼び掛ける(左から)中島会長、高道副会長

 同応援隊は、国交省の委託を受けて各地でまちづくりの人材を育て、まちなか活性化の母体づくりを支援する一般社団法人日本メインストリートセンター(東京)の打診で昨年7月に発足。同センターから相談を受けた町商工観光課が町内の商業者や農業者ら8人に声掛けし組織した。

 同応援隊のアドバイザーを務める内藤英治さん(日本メインストリートセンター副代表)は「まちなかに喜びをつくると同時に、稼ぐ仕組みをつくって活動費を大きくしていってほしい」と話す。

 第1弾の事業となる「まちなかBBQ」は、基幹産業の農業を絡めて中心市街地を活性化しようと企画。会場となる「お菓子のまさおか」(東1ノ2)の東側広場では、2月からプレハブ冷蔵庫の雪室を設置してジャガイモを越冬させている。

 ジャガイモは同応援隊の高道豊副会長ら農業者でつくる株式会社「なまら十勝野」が提供し、インカのめざめやメークインなど30キロを熟成している。「雪室じゃがいも越冬中!!」と記した大きな看板が道行く人の注目を集める。中島会長は「芽室のおいしいジャガイモと肉を食べに来てほしい」と呼び掛ける。会場ではアヒージョやサガリ串、ドリンクの販売も。

 定員は150人。雨天順延。前売りチケットは1000円(雪室じゃがいも、ジンギスカン、炭代など)で、「レストランHIRO」「あさひや」「珠玖ライオン堂」「すず喜、」で扱っている。問い合わせは同応援隊(090・5223・1198)へ。

関連記事

室蘭民報

29、30日の室工大・明徳祭に向け赤フンが連夜声からす【室蘭】

 室蘭工業大学の学生寮・明徳寮の寮祭「第73回明徳祭」が29、30の両日、市内水元町の明徳寮で開かれる。今年は2年ぶりに、お笑い芸人2組を招いたステージを企画。中島町内では初日の夜、恒例の「赤フ...

室蘭民報

グループホーム・タンポポ職員の2組が人前結婚式【室蘭】

 室蘭市石川町の認知症対応型共同生活介護グループホーム「タンポポ」で、施設職員2組の人前結婚式が行われた。入居者らは飾り付けを手伝い、歌をプレゼント。参加した全員が温かなひとときを過ごしていた。 ...

室蘭民報

7月6、7日の「うまかまつり」、JRに乗って行こう【安平】

250人に商品券プレゼント  「JR室蘭線に乗って、まつりに行こう」―。安平町は7月6、7の両日、町内ときわ公園で開かれる「第11回あびら夏!うまかまつり」で、JRを利用して訪れた来場者(両日合わせ...

室蘭民報

見応えある144点、「一期会」が作品展【室蘭】

 美術団体「一期会」北海道支部の作品展が23日、室蘭市中央町のスーパーアークス室蘭中央店で始まり、多くの市民でにぎわっている。30日まで。  支部長を務める絵鞆町の画家森田哲隆さん(69)と、...

室蘭民報

オーロラLCが初独自イベント、善意の「夏フェス」【室蘭】

 室蘭オーロラライオンズクラブ(室蘭オーロラLC、工藤大拓会長)の「夏フェス」が23日、室蘭市中島町の中島お元気広場で開かれ、親子連れらでにぎわいをみせた。  昨年2月に結成された室蘭オーロラ...