北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

まちなかでBBQしよう 「応援隊」が4月初企画【芽室】

 芽室のまちなかを元気にしようと、町内の商業者や農業者らで結成した「芽室まちなか応援隊」(会長・中島将好旭屋商店社長)は4月13日正午から、町中心部で「芽室まちなかBBQ(バーベキュー)」を開催する。同応援隊が企画する初のイベントで、町民をはじめ多くの参加を呼び掛けている。

ジャガイモが越冬中の雪室の前で来場を呼び掛ける(左から)中島会長、高道副会長

 同応援隊は、国交省の委託を受けて各地でまちづくりの人材を育て、まちなか活性化の母体づくりを支援する一般社団法人日本メインストリートセンター(東京)の打診で昨年7月に発足。同センターから相談を受けた町商工観光課が町内の商業者や農業者ら8人に声掛けし組織した。

 同応援隊のアドバイザーを務める内藤英治さん(日本メインストリートセンター副代表)は「まちなかに喜びをつくると同時に、稼ぐ仕組みをつくって活動費を大きくしていってほしい」と話す。

 第1弾の事業となる「まちなかBBQ」は、基幹産業の農業を絡めて中心市街地を活性化しようと企画。会場となる「お菓子のまさおか」(東1ノ2)の東側広場では、2月からプレハブ冷蔵庫の雪室を設置してジャガイモを越冬させている。

 ジャガイモは同応援隊の高道豊副会長ら農業者でつくる株式会社「なまら十勝野」が提供し、インカのめざめやメークインなど30キロを熟成している。「雪室じゃがいも越冬中!!」と記した大きな看板が道行く人の注目を集める。中島会長は「芽室のおいしいジャガイモと肉を食べに来てほしい」と呼び掛ける。会場ではアヒージョやサガリ串、ドリンクの販売も。

 定員は150人。雨天順延。前売りチケットは1000円(雪室じゃがいも、ジンギスカン、炭代など)で、「レストランHIRO」「あさひや」「珠玖ライオン堂」「すず喜、」で扱っている。問い合わせは同応援隊(090・5223・1198)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...

室蘭民報

室蘭美術界の過去、現在を一堂に【室蘭】

 高野次郎さんや西村喜久子さん、熊谷善正さんなど室蘭の美術界に名を残した歴代の作家と、現在も活躍中の作家の20人の作品が室蘭市幸町の市民美術館で一堂に展示されている。題して「室蘭美術の過去、現在-...

室蘭民報

見せ方工夫、鉄のアート―彫刻家・坂本さんが製鉄室蘭病院で個展【室蘭】

 室蘭市宮の森町の彫刻家、坂本正太郎さんによる個展「Sakamoto Shotaro Solo Exhibition eau(オー)-己が境界【KYOUGAI】にあらざるものをば-」が31日まで...

室蘭民報

スノーボード教室や雪像展示など…2月16日に「冬まつり」開催【室蘭】

 室蘭の冬の一大イベント「第41回むろらん冬まつり」(同実行委員会主催)が2月16日、室蘭市香川町のむろらん高原だんパラスキー場特設会場で開かれる。  冬まつりは午前10時スタート。スノーボー...