北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

4月19日にバル街、71店が参加【函館】

ポスターを手に来場を呼び掛ける実行委メンバー

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が、4月19日に同地区で開かれる。これまで参加がなかった入舟町から2店が参加するなど、新旧織り交ぜた全71店が創意工夫を凝らした自慢のつまみを提供。前売り券(3500円)を販売している。

 2004年4月から毎年春と秋の2回開催しており、今回で31回目。全71店のうち、初参加はステーキワインひげバル、ファインデイズバーガー、居酒バーどうぞ、元町八幡坂Hakodate、ごはんおやつシプル、rocaのらいぬ、くらcraの7店。のらいぬ、くらは共に入舟町にある。

 また、青森県から弘前市のレストラン・ポルトブラン、青森市のダイニングヴィラの2店が特別参加。道南の5店、市内からの出張4店と合わせ、特別参加11店が青函交流を盛り上げる。バル街全体の開催時間は午後2時~翌午前0時。

 協賛イベントとして好評の「きものdeバルを楽しもう!」では、特別企画「お気に入りの二部式着物を作ろう」(着物リメイクワークショップ)を行う。上下別の二部式着物を作る体験会(参加費500円、定員8人)で、4月1日から申し込みを受け付ける。申し込みは沢田さん(090・6031・1748)へ。

 実行委の加納諄治事務局長は「30回を記念した前回(2018年秋バル)に比べ、落ち着いた感じのバルになる。15年目を迎え、初心に返って西部地区を見つめ直すバル街にしたい」と話している。

 当日券(4000円)は、市地域交流まちづくりセンターに設ける「バル街i」で販売。専用ホームページ(http://www.bar-gai.com/)での予約も可。問い合わせは、レストラン・バスク(0138・56・1570)へ

関連記事

苫小牧民報

白老でヒグマ出没相次ぐ 社台地区に箱わな設置、農業被害拡大防止へ

 胆振日高管内の官民連携組織「北海道新幹線×nittan(日胆)地域戦略会議」(会長・岩倉博文苫小牧市長)が、来年4月24日に白老町で開設するアイヌ文化の復興拠点「民族共生象徴空間」(愛称・ウポポ...

苫小牧民報

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

日高報知新聞

荻伏中に36冊の本寄贈【浦河】

 公益財団法人日本教育公務員弘済会北海道支部=教弘北海道=から浦河町の荻伏中にブックパック(本のセット)の寄贈があり、この贈呈式が19日、同校で行われた。  道内教育の振興や充実と教職員の福祉...

日高報知新聞

道内初 脳ドック料金を割引【新ひだか】

【新ひだか】近年、高齢者の運転による重大事故が相次いでいることから、静内警察署(久田悟署長)と医療法人徳洲会日高徳洲会病院(井斉偉矢院長)は19日、静内警察署で「高齢運転者に係る交通事故抑止に関...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...