北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

4月19日にバル街、71店が参加【函館】

ポスターを手に来場を呼び掛ける実行委メンバー

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が、4月19日に同地区で開かれる。これまで参加がなかった入舟町から2店が参加するなど、新旧織り交ぜた全71店が創意工夫を凝らした自慢のつまみを提供。前売り券(3500円)を販売している。

 2004年4月から毎年春と秋の2回開催しており、今回で31回目。全71店のうち、初参加はステーキワインひげバル、ファインデイズバーガー、居酒バーどうぞ、元町八幡坂Hakodate、ごはんおやつシプル、rocaのらいぬ、くらcraの7店。のらいぬ、くらは共に入舟町にある。

 また、青森県から弘前市のレストラン・ポルトブラン、青森市のダイニングヴィラの2店が特別参加。道南の5店、市内からの出張4店と合わせ、特別参加11店が青函交流を盛り上げる。バル街全体の開催時間は午後2時~翌午前0時。

 協賛イベントとして好評の「きものdeバルを楽しもう!」では、特別企画「お気に入りの二部式着物を作ろう」(着物リメイクワークショップ)を行う。上下別の二部式着物を作る体験会(参加費500円、定員8人)で、4月1日から申し込みを受け付ける。申し込みは沢田さん(090・6031・1748)へ。

 実行委の加納諄治事務局長は「30回を記念した前回(2018年秋バル)に比べ、落ち着いた感じのバルになる。15年目を迎え、初心に返って西部地区を見つめ直すバル街にしたい」と話している。

 当日券(4000円)は、市地域交流まちづくりセンターに設ける「バル街i」で販売。専用ホームページ(http://www.bar-gai.com/)での予約も可。問い合わせは、レストラン・バスク(0138・56・1570)へ

関連記事

根室新聞

議員定数 依然隔たり「維持」から最大「4減」まで【根室】

 議員定数問題を協議する根室市議会(本田俊治議長)の議員定数等に関する調査検討委員会(滑川義幸委員長)は9日午前、各会派、議員の「あるべき定数の考え方」に対する質疑を行った。議会内は「現状維持...

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス