北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

4月19日にバル街、71店が参加【函館】

ポスターを手に来場を呼び掛ける実行委メンバー

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が、4月19日に同地区で開かれる。これまで参加がなかった入舟町から2店が参加するなど、新旧織り交ぜた全71店が創意工夫を凝らした自慢のつまみを提供。前売り券(3500円)を販売している。

 2004年4月から毎年春と秋の2回開催しており、今回で31回目。全71店のうち、初参加はステーキワインひげバル、ファインデイズバーガー、居酒バーどうぞ、元町八幡坂Hakodate、ごはんおやつシプル、rocaのらいぬ、くらcraの7店。のらいぬ、くらは共に入舟町にある。

 また、青森県から弘前市のレストラン・ポルトブラン、青森市のダイニングヴィラの2店が特別参加。道南の5店、市内からの出張4店と合わせ、特別参加11店が青函交流を盛り上げる。バル街全体の開催時間は午後2時~翌午前0時。

 協賛イベントとして好評の「きものdeバルを楽しもう!」では、特別企画「お気に入りの二部式着物を作ろう」(着物リメイクワークショップ)を行う。上下別の二部式着物を作る体験会(参加費500円、定員8人)で、4月1日から申し込みを受け付ける。申し込みは沢田さん(090・6031・1748)へ。

 実行委の加納諄治事務局長は「30回を記念した前回(2018年秋バル)に比べ、落ち着いた感じのバルになる。15年目を迎え、初心に返って西部地区を見つめ直すバル街にしたい」と話している。

 当日券(4000円)は、市地域交流まちづくりセンターに設ける「バル街i」で販売。専用ホームページ(http://www.bar-gai.com/)での予約も可。問い合わせは、レストラン・バスク(0138・56・1570)へ

関連記事

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...

室蘭民報

室民杯ママさんバレー大会で伊達東が3連覇を達成【伊達】

 第11回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が20日、伊達市松ヶ枝町の市総合体育館で開かれた。昨年より1チーム少ない10チームが出場。約130人...