北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

中島コンソが10年、小野寺代表幹事が退任【室蘭】

中島コンソーシアムの代表幹事を退任する小野寺さん

 中島商店会コンソーシアムの小野寺芳子代表幹事(70)が、今任期をもって退任することになった。2010年(平成22年)の設立から足かけ10年、丸井今井室蘭店が閉店した中島地区の盛り上げに奔走してきた。周囲の応援に感謝しながら、地域の飛躍を願っている。

 中島コンソは、丸井今井室蘭店の閉店をきっかけに発足した。人の流れが大きく変わり、中島に足を運ぶ人が減少した。中島地区の五つの商業団体が連携し、地域の再生を目指した。

 事務所が入る拠点の「ふれあいサロンほっとな~る」が、自ら理事長を務めていたなかじま商店街振興組合のエリアだったこともあり、代表幹事を任された。

 「とにかく何でもやろうと思いました。五つの団体が力を合わせると心強いじゃないですか。みんな強い危機感を持っていました。毎日会議を開きました」

 市民や買い物客が触れ合える場所を目指した。地域にはバス停がいくつもあるが、丸井がなくなり、気軽に休憩できる場所を失った。明るい居心地の良い場所づくりに努めた。

 サロン壁面の屋外広告、室蘭工業大学や大学生の協力を得た木彫の温もりある内装整備―。

 5団体の連携が多様なアイデアを生んだ。トイレも一新した。「雰囲気ががらりと変わった」

 市民が昼食を楽しんだり、団体がちょっとした会合に使う姿が見られるようになった。「受験勉強に利用していた高校生が、合格を報告してくれることもありました」と思い出。

 補助金なども活用し、にぎわい創出を行ったが、一番の思い出は定例開催した異業種交流イベントの居酒屋塾こんそだった。「いつも仲間3人で飲んでいたことがヒントになりました」と笑う。

 理想実現には「まだまだ」と感じるが、「高いレベルにある」と自負する。「商業環境は本当に厳しい状況にありますが、より多くの商業者や市民が集う場所になってくれれば」と願った。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス