北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

胆振初…GCJの称号を「酪農館」叙任【登別】

叙任式に出席し、良質なチーズ作りへ気持ちを新たにする三浦代表(左から2人目)=千葉市、提供写真

 チーズの品質向上などを目的とした職人らによる国際的な組織「ギルド・クラブ・ジャポン」(GCJ)の称号を、のぼりべつ酪農館(登別市札内町、三浦学代表取締役)が叙任した。胆振では初めて。三浦代表は「登別をチーズのふるさとにするという思いを胸に、これからも真摯(しんし)に良質な製品作りに励みたい」と今後の抱負を語る。

 同社は廃校舎を自社の工場として再活用。色や硬さが異なる約10種類のチーズをはじめ、乳製品を製造している。地元酪農家から仕入れた生乳を低温殺菌した乳製品の数々は、さっぱりしていて口当たりがいい。本州にも出荷されている。同社が製造するチーズにほれ込み、すでにGCJの称号を持つ久田(東京)の久田謙代表取締役社長の推薦で叙任が決まった。

 6日、千葉市で行われた叙任式には、三浦代表らが出席。GCJのローラン・バルテミー会長から、叙任を証する認定証やメダルなどを受けた。同社のチーズは叙任式でも振る舞われた。「いろいろな人から『おいしい』と言っていただけました。登別の牛乳は全国的に見てもトップクラス」と地元への強い誇りを胸に、今後もより良い乳製品作りにまい進していく考えだ。

関連記事

根室新聞

N2W代表最後のデザインTシャツ収益で 子どもたちにマスク【根室】

 根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」のオッサンタイガー本部長ら6人が24日、市役所を訪問し、昨年亡くなったサムソン宮本代表が生前最後にデザインしたTシャツの販売収益で購入した子ども...

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...