北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

目標10万筆あと一歩/クレインズ存続署名活動【釧路】

湿原の風アリーナ釧路で署名活動を行う寺山代表ら

 アイスホッケーの地元実業団である日本製紙クレインズの廃部発表を契機に発足した「氷都くしろにクレインズ存続を願う会」(寺山博道代表)は24日、釧路市内外で、署名活動を行った。釧路商工会議所に28日、署名簿を提出するのを前に最後のてこ入れをした。

 この日の署名活動は、湿原の風アリーナ釧路とザ・ビッグ文苑店、イオン釧路昭和で実施。卓球大会が行われた湿原の風アリーナ釧路では、寺山代表らが立ち、出場選手らにクレインズの現状を説明しながら、協力を呼び掛けた。試合観戦で何度も本拠地・日本製紙アイスアリーナを訪れているという、釧路市立鳥取中学校2年の寒河江華さんは「クレインズは釧路の代表でありシンボル。絶対に続けてもらわないと困る。中学生はあまりにも微力だが応援だけはしていきたい」と熱っぽく語った。

 この日は、アジアリーグの記念事業「アイスホッケーヒーローズ2019」の会場となった東京のダイドードリンコアイスアリーナ、プロ野球オープン戦が行われた札幌ドームでも署名活動を展開。このうち、札幌ドームでは、日本ハムの杉谷拳士選手、鍵谷陽平、斎藤佑樹両投手らもブースに立ち、署名を募った。

 同会によると、署名総数は23日現在、9万1783筆で、目標としていた10万筆に肉薄している。

関連記事

根室新聞

N2W代表最後のデザインTシャツ収益で 子どもたちにマスク【根室】

 根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」のオッサンタイガー本部長ら6人が24日、市役所を訪問し、昨年亡くなったサムソン宮本代表が生前最後にデザインしたTシャツの販売収益で購入した子ども...

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...