北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

浦幌の魅力 中学生が取材 パンフレットで発信【浦幌】

 上浦幌中学校(池田哲校長、生徒14人)の1年生4人が、町内で働く人たちを取材し「うらほろ再発見の旅」と題したパンフレットにまとめた。生徒らは取材を通じて古里の魅力に改めて触れた。

「うらほろ再発見の旅」を手にする(左から)平田さん、八太さん、榑松さん、角田さん

 パンフレットは、総合的な学習の時間の一環で取り組んだ。作成したのは角田楓人さん、八太柚帆さん、平田小雪さん、榑松美星(みほ)さんの4人。

 取材対象者は、担任の甲谷聡枝教諭にアドバイスしてもらいながら、町立博物館の持田誠学芸員や林業で働く女性、若手農業者ら8人を選んだ。

 町内で働く8人からは町の印象や仕事への思い、将来の夢などをインタビューした。同博物館の持田学芸員には「浦幌の自然を保護したい」といった、仕事の目的意識などを聞き出した。

 恐竜絶滅の原因とされる巨大隕石(いんせき)の衝突でできたK/Pg境界層や、浦幌炭鉱跡など町の見どころを紹介する「うらほろ まっぷ」のページも設けた。

 角田さんは取材を振り返り、「町の良さを再確認できた」と笑顔を見せ、八太さんも「たくさんの人が町を支えていると知った」と目を輝かせた。

 また、平田さんはパンフレットに掲載された記事に触れ、「取材した一人ひとりの魅力が伝わる記事にできた」と胸を張り、榑松さんは「温かくてすてきな人たちだった」と満面の笑みを浮かべた。

 パンフレットはA5判8ページでフルカラー。1100部を印刷。完成したパンフレットを手にした4人は「何度も書き直したので、達成感でいっぱい」と話している。

 町立博物館や町図書館、複合施設「フタバ」など町内数カ所に置き、自由に持ち帰ってもらう予定だ。

関連記事

根室新聞

移住体験住宅の利用再開【根室】

 根室市は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて4月から利用を休止していた移住体験住宅を1日から再開した。国の「緊急事態宣言」解除を受け、6月19日から申し込みの受け付けを開始しており、...

苫小牧民報

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

苫小牧民報

未利用魚、捨てるなんてもったいない 子ども食堂に無償提供へ-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は今月、地元で水揚げされた魚を苫小牧市内の子ども食堂に、無償提供するプロジェクトをスタートさせる。市場に流通せずに捨てられる「未利用魚」を有効活用する。年間...

日高報知新聞

セーフティラリー出発【浦河】

 7月1日から10月31日まで123日間、日常の運転を通じて無事故、無違反をチームで競う浦河警察署管内(浦河、様似、えりも3町)の「セーフティラリー北海道2020」の出発式は、1日に予定されていたが、...

日高報知新聞

店で使用の家具や陶器など【様似】

【様似】6月27日に営業を終了した町大通1の喫茶店「カフェマザー」が、1日から最後のフリーマーケットを開いている。4日まで。  同店は、2011年3月にオープン。地域住民に親しまれた店で、東日本大...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス