北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

街角にレコードサロン、中島コンソが施設を開放【室蘭】

中島コンソーシアムは日曜日を「まちかどレコードサロン」として開放する事業を開始した

 室蘭・中島商店会コンソーシアムは、日曜日のふれあいサロンほっとな~るを「まちかどレコードサロン」として開放する取り組みを始めた。中達祐樹事務局長(65)が愛機のプレーヤーをサロンに設置。愛好者が自由に持ち寄ったレコードを施設と街頭で流し、繁華街の雰囲気づくりに一役買っている。

 中達さんは、病院事務局勤務を経て昨年から、コンソーシアムのスタッフになった。レッド・ツェッペリンを愛する「ウッドストック世代」で、ピアノやドラム、ギターを楽しんでいる。ロックからフュージョン、クラシックまで幅広い音楽に親しむ。

 レコードサロンに取り組むのは、繁華街のにぎわいづくりが目的だ。「『ほっとな~る』は札幌のススキノでいう一番の十字街に立地していますが、音楽もなく寂しさがあります。雰囲気を変えたかった」と動きだした。

 2月下旬、20代から大切に使ってきたプレーヤーをサロンに持ち込んだ。目立つようガラス張りの道路側に設置。流れている曲が分かるよう、ジャケットを飾る台も用意した。ビル・エバンスなど「100枚ほど」のコレクションも置き、日曜にかけ始めた。

 信号待ちで思わず音楽に振り向く買い物客や、ジャズの音色にひかれてサロンを訪問する夫婦もいて、反応を喜んだ。レコード好きが自由に集い、自由に過ごせる「まちかどレコードサロン」として開放することを決めた。

 「繁華街に楽しみがなければ外出しないものです。そんな一つになれば。CDが主流ですが、やっぱりレコードの音っていいですよね。ジャンルを問わず、持参、大歓迎です。気軽に寄り道してもらいたい」と笑顔を見せている。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...