北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館マラソン定員に到達 1カ月残し参加受付終了【函館】

 函館マラソン大会実行委は25日、7月7日開催の「2019函館マラソン」について、参加申し込みが定員(8000人)に達したため、受け付けを終了したと発表した。約1カ月を残し、早々に定員を満たした。

 事務局の市教委は、JTBと共に宿対策を進めてきたことが奏功したとみている。JR函館駅周辺で6棟(2000室)のホテル建設が相次いでおり、来年はさらに宿泊環境が改善される見込み。

 昨年は、エントリー受け付け開始から51日間かかって定員に達した。今年は2月25日午後9時に始め、3月24日午後8時40分に終了。当初は期限を4月19日までとしていたが、28日間で達成し、あと26日残す結果となった。

 市教委のまとめ(速報値)によると、4大会連続で全47都道府県からエントリーがあったほか、道外客の割合は、昨年の大会から4ポイント上昇し49%になる見通し。女性の割合は0・6ポイント増、海外客比率は過去最高を記録した昨年(266人)を上回りそうだ。

 また、昨年7月1日に開催した「2018函館マラソン」が、国内最大級のランナー向けポータルサイト「ランネット」で、参加ランナーの投票で選ばれる「2018全国ランニング大会100撰(せん)」に2年連続で選出された。

 100撰は、1997年に始まった企画。今回は18年1~12月に国内で開催された大会(対象は1500以上)の中から、大会に出場したランナーの投票を基に選定。道内は函館マラソンをはじめ、「第44回洞爺湖マラソン2018」「第38回千歳国際マラソン」など5大会が選ばれた。

 実行委によると、2018函館マラソンの評価は84・4点だったという。2017函館マラソンの評価は86・7点。市教委は「評価項目が変わり、全国の他大会が軒並み5ポイント程度下げている中、函館マラソンは2・3ポイント減にとどまった。質の向上に取り組んできたことが良い結果につながった」と喜んでいる。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...