北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館マラソン定員に到達 1カ月残し参加受付終了【函館】

 函館マラソン大会実行委は25日、7月7日開催の「2019函館マラソン」について、参加申し込みが定員(8000人)に達したため、受け付けを終了したと発表した。約1カ月を残し、早々に定員を満たした。

 事務局の市教委は、JTBと共に宿対策を進めてきたことが奏功したとみている。JR函館駅周辺で6棟(2000室)のホテル建設が相次いでおり、来年はさらに宿泊環境が改善される見込み。

 昨年は、エントリー受け付け開始から51日間かかって定員に達した。今年は2月25日午後9時に始め、3月24日午後8時40分に終了。当初は期限を4月19日までとしていたが、28日間で達成し、あと26日残す結果となった。

 市教委のまとめ(速報値)によると、4大会連続で全47都道府県からエントリーがあったほか、道外客の割合は、昨年の大会から4ポイント上昇し49%になる見通し。女性の割合は0・6ポイント増、海外客比率は過去最高を記録した昨年(266人)を上回りそうだ。

 また、昨年7月1日に開催した「2018函館マラソン」が、国内最大級のランナー向けポータルサイト「ランネット」で、参加ランナーの投票で選ばれる「2018全国ランニング大会100撰(せん)」に2年連続で選出された。

 100撰は、1997年に始まった企画。今回は18年1~12月に国内で開催された大会(対象は1500以上)の中から、大会に出場したランナーの投票を基に選定。道内は函館マラソンをはじめ、「第44回洞爺湖マラソン2018」「第38回千歳国際マラソン」など5大会が選ばれた。

 実行委によると、2018函館マラソンの評価は84・4点だったという。2017函館マラソンの評価は86・7点。市教委は「評価項目が変わり、全国の他大会が軒並み5ポイント程度下げている中、函館マラソンは2・3ポイント減にとどまった。質の向上に取り組んできたことが良い結果につながった」と喜んでいる。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...