北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

更別産スモモでドライフルーツ 村助成活用で「パン舎」が商品化【更別】

新商品のさらべつピュアドライすももとカンパーニュ、試作検討中のパン

 道産、十勝産の原材料で作る商品が評判の村のパン店「パン舎」は更別産スモモの無添加ドライフルーツ「さらべつピュアドライすもも」(40グラム、540円)を今月中旬から店舗で販売している。

 2018年度の更別村ふるさと創生基金事業助成金の交付を受け、同店オーナーの吉田美佐子さんが特産品のスモモを使ったドライフルーツの商品化に着手した。

 スモモの大きな実の食感を楽しんでもらうため半生状態を目指して乾燥具合にこだわった。から漬け後に乾燥させる工程での試作を経て、この3月に初の販売にこぎ着けた。

 ピュアドライという商品名の通り果肉はしっとりとして弾力があり、スモモ本来の酸味も程よく生きている。ピュアドライすももがたっぷり入ったすもものカンパーニュ(500円、ハーフ250円)が新商品として登場。スモモのドライフルーツはハード系のパンによく合う。

 吉田さんは「セイヨウスモモを乾燥させたプルーンはよく知られているが、スモモのドライフルーツは希少だと思う。紅茶やヨーグルトなどに入れて楽しむのもお薦め」と話す。

 また、パン舎では4月5~7の3日間、20周年感謝セールを実施。ピュアドライすももを使った新商品や期間限定商品の販売、次回の来店時に使える割引券の配布を予定している。

 営業時間は午前11時から午後7時までで、月・火曜が定休。問い合わせは(0155・52・2897)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス