北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

お気に入りの玩具、見つかったかな? 白老でおもちゃと本の無料交換会

お気に入りのおもちゃを選ぶ子どもたち

 白老町は23日、町総合保健福祉センターでおもちゃと本の無料交換会「くるくるひろば」を開いた。町民から寄せられた絵本やおもちゃなど515点が会場いっぱいに並び、乳幼児などを連れた親子連れがまだまだ使えるおもちゃを持ち帰った。

 リユース(再利用)の考えを広め、ごみの減量につなげていくことを目的に2017年度から開催。子どもの成長とともに使われなくなったおもちゃや絵本などの寄付を事前に募集したところ、絵本205冊、パズル・ブロック・かるた47点、おもちゃ59点、縫いぐるみ44点、ミニカー160点が集まった。

 会場には、木製のおもちゃや乗り物、積み木やブロック、パズルや縫いぐるみなど、まだまだ使える玩具がずらりと並び、来場した親子が楽しそうにおもちゃを選定。乳児用のおもちゃ、仮面ライダーシリーズの変身グッズやフィギュア、ミニカーを走らせるレールセットなど、さまざまな玩具が並び、子どもたちは目を輝かせながら、お気に入りのおもちゃを選んでいた。

 生後6カ月の乳児を連れた夫婦は「そろそろ買おうかと思っていたおもちゃがあったので良かった。子どもの成長は速く、使える期間も短いので、こういう無料交換会はこれからも続けてほしいですね」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...