北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

アイヌ遺骨の返還を【平取】

【平取】平取「アイヌ遺骨」を考える会(木村二三夫、井沢敏郎共同代表)主催の第4回学習会「先人たちの遺骨を故郷の地・平取へ」が24日、二風谷生活館で開かれた。平取町、町教委、平取アイヌ協会後援。

 同会顧問の萱野志朗萱野茂二風谷アイヌ資料館長の開会あいさつの後、「痛みのペンリウク~囚われのアイヌ遺骨」の著者・土橋芳美さんの詩「ペンリウクとバフンケ26時のペウタンケ」を木村さんと井沢さんが朗読。

 町の佐藤和三アイヌ施策推進課長が「大学の保管するアイヌ遺骨等の出土地域への返還手続きに関するガイドライン」と「アイヌ新法」について解説。韓国KBSテレビが平成4年に放映した「静かな人間の大地―小川隆吉の半生(朝鮮人遺骨とアイヌ人遺骨)」を上映した。

 休憩中、平取トンコリの会「NOTO(凪)」のミニコンサートも開かれ、男女4人の会員が「アリラン」など5曲をアイヌ民族伝統の楽器トンコリで合奏した。

 昨年12月に発表された政府ガイドライン「アイヌ遺骨の出土地域への返還」により、出土自治体がアイヌ団体と遺骨返還のための事業計画を作成し、政府に直接返還を求めることが出来ることになったことを受けての学習会開催。「一日も早くふるさと平取へのアイヌ遺骨の返還を実現しましょうと」と関係者の期待は高まっていた。

詩の朗読を披露する木村さん(左)と井沢さん(右)

関連記事

十勝毎日新聞

オリンピアン“背”に ポロシャツ製作 高木姉妹や山本選手にも好評【幕別】

 町役場職員交友会(会長・細澤正典住民福祉部長)は、町出身の5人のオリンピアンをモチーフにしたポロシャツを製作した。それぞれの競技に打ち込む5人のシルエットがプリントされたポロシャツは選手本人たち...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

十勝毎日新聞

屋上に飛行機! 持ち主の小枝さん「操縦の思い出展示」 空の日【帯広】

 ビルの屋上に軽飛行機発見! 帯広市中心部の小枝銀座ビル(西1南11)の屋上にたたずむ1機の軽飛行機。この存在に気付いた周辺ホテルの宿泊客らが2014年ごろから、ツイッター上にたびたび写真を投稿し...

函館新聞

秋の夜空に3000発 市内4カ所で函館合同花火【函館】

 地域の明るい未来と疫病退散への願いを込めた「函館合同花火2020~未来への希望の光」(函館青年会議所、函館新聞社共催)が19日夜に行われた。函館市内の4カ所から、20分間で計3000発の花火が...

函館新聞

本町交差点周辺でまちなかオープンテラス始まる【函館】

 函館市本町・五稜郭エリアににぎわいを創出する「五稜郭まちなかオープンテラス」(実行委主催)が19日、本町交差点周辺で始まった。「3密」を防ごうと路面店が歩道にテラス席を用意し客が飲食を楽しんだ...