北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館消防、12年ぶりに溺者救助で道大会出場【函館】

溺者救助で他の消防隊と技術を競うため、練習に励む和賀さん(右)、村上さん(中央)、城さん

 函館市東消防署(三浦泰光署長)の消防士3人が、道内の消防が技術を競う大会で溺者救助の部に出場するため、練習に励んでいる。同部の出場は市消防本部として12年ぶり。海に囲まれた市内では海中転落などでの出動も多い。同本部は全国大会出場を目指すとともに、水難救助が可能な若手職員の育成を図る。

 溺者救助は、約25メートル先で溺れている要救助者の元へ、1人(泳者)がロープの付いた浮き輪を抱えて泳ぐ。もう1人(補助者)が浮き輪をつかんだ要救助者をロープでプールサイドに引き寄せる。救助時間を競うとともに、細かな減点項目が設定されている。

 7月の全道消防救助技術訓練指導会に出場するのは、いずれも同署警備2係の村上弘樹さん(28)=泳者=、和賀有馬さん(23)=補助者=、城克朗さん(26)=要救助者=の3人。同本部内で10人の志願者から選抜し、昨年11月から同係に所属している。非番の日は市民プールに足を運び、1000メートル以上を泳いだ後、救助の練習に臨んでいる。

 競技は絡まないようにロープの調整から始まる。開始の合図とともに和賀さんが浮き輪にロープを結び、投げ入れる。すぐに村上さんがプールへ飛び込み、脇に浮き輪を抱え、全速力で泳ぐ。浮き輪を受け取った城さんを、和賀さんが懸命にロープで引き上げる。

 目標タイムは全国出場チームと同じ27秒台だ。しかし、現在は30秒を切れず、タイムも安定していない。泳者の村上さんは「少しでも泳ぐスピードを上げたい。競泳経験者(和賀さん)もいるので対抗心が燃える」と意気込む。和賀さんは要救助者を引く筋力、城さんは体重の軽さが重要となる。

 指導する同係の古田真樹さん(31)は「浮き輪を渡してから引くタイミングなど、3人が息を合わせればまだまだタイムを縮められる」と話す。

 消防本部では、出張所の統合や組織改編などで水難救助部門で大会に出る消防隊が10年以上なかった。3月末で定年退職する三浦署長は「全道大会を突破して、岡山(全国大会)へ進んでほしい」と期待を寄せている。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス