北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館消防、12年ぶりに溺者救助で道大会出場【函館】

溺者救助で他の消防隊と技術を競うため、練習に励む和賀さん(右)、村上さん(中央)、城さん

 函館市東消防署(三浦泰光署長)の消防士3人が、道内の消防が技術を競う大会で溺者救助の部に出場するため、練習に励んでいる。同部の出場は市消防本部として12年ぶり。海に囲まれた市内では海中転落などでの出動も多い。同本部は全国大会出場を目指すとともに、水難救助が可能な若手職員の育成を図る。

 溺者救助は、約25メートル先で溺れている要救助者の元へ、1人(泳者)がロープの付いた浮き輪を抱えて泳ぐ。もう1人(補助者)が浮き輪をつかんだ要救助者をロープでプールサイドに引き寄せる。救助時間を競うとともに、細かな減点項目が設定されている。

 7月の全道消防救助技術訓練指導会に出場するのは、いずれも同署警備2係の村上弘樹さん(28)=泳者=、和賀有馬さん(23)=補助者=、城克朗さん(26)=要救助者=の3人。同本部内で10人の志願者から選抜し、昨年11月から同係に所属している。非番の日は市民プールに足を運び、1000メートル以上を泳いだ後、救助の練習に臨んでいる。

 競技は絡まないようにロープの調整から始まる。開始の合図とともに和賀さんが浮き輪にロープを結び、投げ入れる。すぐに村上さんがプールへ飛び込み、脇に浮き輪を抱え、全速力で泳ぐ。浮き輪を受け取った城さんを、和賀さんが懸命にロープで引き上げる。

 目標タイムは全国出場チームと同じ27秒台だ。しかし、現在は30秒を切れず、タイムも安定していない。泳者の村上さんは「少しでも泳ぐスピードを上げたい。競泳経験者(和賀さん)もいるので対抗心が燃える」と意気込む。和賀さんは要救助者を引く筋力、城さんは体重の軽さが重要となる。

 指導する同係の古田真樹さん(31)は「浮き輪を渡してから引くタイミングなど、3人が息を合わせればまだまだタイムを縮められる」と話す。

 消防本部では、出張所の統合や組織改編などで水難救助部門で大会に出る消防隊が10年以上なかった。3月末で定年退職する三浦署長は「全道大会を突破して、岡山(全国大会)へ進んでほしい」と期待を寄せている。

関連記事

函館新聞

ヨハネ教会で聖堂コンサート 男声合唱団出演【函館】

 函館聖ヨハネ教会(藤井八郎司祭)の聖堂コンサートが20日、同教会で開かれた。函館男声合唱団が出演し、親しみのある楽曲から宗教曲、函館の歌まで11曲を演奏した。  今年度3回目のコンサートで...

函館新聞

ラグビー人気 函館のスクールにも【函館】

 開催中のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表の躍進効果で、函館ラグビースクールでは、ラグビーをやってみたいという子どもが増えている。  同スクールは1970年設立。一年制で毎年...

釧路新聞

釧路町議選投開票

 任期満了に伴う釧路町議選(定数16)は20日、投開票が行われ、倉井俊勝氏(66)=自民=がトップで8選を果たした。新人は大谷哲也氏(67)=公明=、中家治子氏(65)=共産=、鈴木麻由子氏(47...

十勝毎日新聞

運動して牛乳 健康の秋満喫 「みるウオーク」【音更】

 運動後に十勝産牛乳を飲んで、健康づくりを図るイベント「みるウオーク」(十勝あるくミルクプロジェクト実行委主催)が20日、音更町で催された。秋晴れの下、親子ら約200人がゴール目指して歩き、爽...

十勝毎日新聞

ハクチョウ冬を伝えに【幕別】

 十勝地方は20日、高気圧に覆われて晴れ、暖かな朝を迎えた。帯広の朝の最低気温は平年より5.2度高い9度だった。  幕別町依田の畑ではこの日朝、「冬の使者」とも言われるハクチョウが飛来し、羽...