北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館消防、12年ぶりに溺者救助で道大会出場【函館】

溺者救助で他の消防隊と技術を競うため、練習に励む和賀さん(右)、村上さん(中央)、城さん

 函館市東消防署(三浦泰光署長)の消防士3人が、道内の消防が技術を競う大会で溺者救助の部に出場するため、練習に励んでいる。同部の出場は市消防本部として12年ぶり。海に囲まれた市内では海中転落などでの出動も多い。同本部は全国大会出場を目指すとともに、水難救助が可能な若手職員の育成を図る。

 溺者救助は、約25メートル先で溺れている要救助者の元へ、1人(泳者)がロープの付いた浮き輪を抱えて泳ぐ。もう1人(補助者)が浮き輪をつかんだ要救助者をロープでプールサイドに引き寄せる。救助時間を競うとともに、細かな減点項目が設定されている。

 7月の全道消防救助技術訓練指導会に出場するのは、いずれも同署警備2係の村上弘樹さん(28)=泳者=、和賀有馬さん(23)=補助者=、城克朗さん(26)=要救助者=の3人。同本部内で10人の志願者から選抜し、昨年11月から同係に所属している。非番の日は市民プールに足を運び、1000メートル以上を泳いだ後、救助の練習に臨んでいる。

 競技は絡まないようにロープの調整から始まる。開始の合図とともに和賀さんが浮き輪にロープを結び、投げ入れる。すぐに村上さんがプールへ飛び込み、脇に浮き輪を抱え、全速力で泳ぐ。浮き輪を受け取った城さんを、和賀さんが懸命にロープで引き上げる。

 目標タイムは全国出場チームと同じ27秒台だ。しかし、現在は30秒を切れず、タイムも安定していない。泳者の村上さんは「少しでも泳ぐスピードを上げたい。競泳経験者(和賀さん)もいるので対抗心が燃える」と意気込む。和賀さんは要救助者を引く筋力、城さんは体重の軽さが重要となる。

 指導する同係の古田真樹さん(31)は「浮き輪を渡してから引くタイミングなど、3人が息を合わせればまだまだタイムを縮められる」と話す。

 消防本部では、出張所の統合や組織改編などで水難救助部門で大会に出る消防隊が10年以上なかった。3月末で定年退職する三浦署長は「全道大会を突破して、岡山(全国大会)へ進んでほしい」と期待を寄せている。

関連記事

根室新聞

議員定数 依然隔たり「維持」から最大「4減」まで【根室】

 議員定数問題を協議する根室市議会(本田俊治議長)の議員定数等に関する調査検討委員会(滑川義幸委員長)は9日午前、各会派、議員の「あるべき定数の考え方」に対する質疑を行った。議会内は「現状維持...

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス