北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

全児童がメッセージ 退職の芽室小・佐々木校長に【芽室】

全校児童713人のメッセージがつづられたアルバムを前に笑顔の佐々木校長

 今月末で定年退職を迎える管内町村一のマンモス校の芽室小学校の佐々木修一校長(60)に、全児童713人から感謝のメッセージが送られた。佐々木校長は「一人一人の良さや違いを認め、たくさんの人や考え方に触れながら子どもたちが成長する姿を見ることができた」と大規模校での教員生活を振り返る。

 佐々木校長は2015年4月に同校に着任。前任校は音更木野東小で、校長生活のうち7年を大規模校で過ごした。全児童の名前と顔を覚えるため、毎年度、児童の顔写真と名前、きょうだいなどを記した「芽室小の子どもたち」を自ら製本。休み時間も積極的に子どもたちと触れ合ってきた。

 児童からのメッセージは、20日に同校で開かれた離任式でサプライズで手渡された。佐々木校長は「びっくりしたのとうれしかったのとで、涙を抑えられなかった」という。

 クラスごとにまとめた全22冊のアルバムに、児童1人ずつが顔写真入りのメッセージを寄せた。低学年からは「休みじかんいっしょにあそんでくれてありがとう。おべんきょうがんばります」「高い高いをしてくれてありがとうございます」、高学年からは「先生にほめられてとてもうれしく思いました」「始・終業式のときの面白い話、大切な話、毎回とても楽しみでした」などの言葉がつづられている。

 佐々木校長は「退職してからゆっくり読ませていただく。宝物です」と子どもたちの気持ちをかみしめている。

関連記事

根室新聞

魚箱風ティッシュケース反響 ヨシザワ木材【根室】

 魚箱を製造している光洋町1のヨシザワ木材株式会社(吉(※)澤克弘社長)は、魚箱をイメージしたティッシュケースを発売した。トドマツ材を使い、根室を代表する水産物のサンマと鮭をデザインした2種。同...

苫小牧民報

給食にあんがす牛のハヤシライス 安平の地元牧場が無償提供

 安平町内の小中学校6校と認定こども園2園で13日、給食に地元産の牛肉「あんがす牛」を使ったハヤシライスが提供された。  北海道が主体となって行う道産牛肉学校給食提供推進事業。町内早来緑丘の内...

苫小牧民報

ディープ産駒 1歳馬過去最高5億1000万円

 日本競走馬協会が主催する国内最大のサラブレッド競り市「セレクトセール」は13日、苫小牧市美沢のノーザンホースパークで1歳馬249頭の競りが行われた。中央競馬のGⅠ7勝馬ディープインパクトを父に持つ...

室蘭民報

ウポポイ開業 民族共生へ一歩【白老】

初日2千人  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイが12日開業、ウポポイPRアンバサダーを招いた華やかなオープニングセレモニーが行われ、道内外からの人出でにぎわった。新型コロナウイルス感染防止...

室蘭民報

54万人大幅減少 昨年度観光入り込み【登別】

日韓情勢悪化、コロナ影響  登別市の2019年度観光入り込みがまとまった。対前年度比54万7615人減の323万5676人だった。日韓情勢の悪化により、国・地域別宿泊延べ数では、韓国が約6万人減...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス