北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

全児童がメッセージ 退職の芽室小・佐々木校長に【芽室】

全校児童713人のメッセージがつづられたアルバムを前に笑顔の佐々木校長

 今月末で定年退職を迎える管内町村一のマンモス校の芽室小学校の佐々木修一校長(60)に、全児童713人から感謝のメッセージが送られた。佐々木校長は「一人一人の良さや違いを認め、たくさんの人や考え方に触れながら子どもたちが成長する姿を見ることができた」と大規模校での教員生活を振り返る。

 佐々木校長は2015年4月に同校に着任。前任校は音更木野東小で、校長生活のうち7年を大規模校で過ごした。全児童の名前と顔を覚えるため、毎年度、児童の顔写真と名前、きょうだいなどを記した「芽室小の子どもたち」を自ら製本。休み時間も積極的に子どもたちと触れ合ってきた。

 児童からのメッセージは、20日に同校で開かれた離任式でサプライズで手渡された。佐々木校長は「びっくりしたのとうれしかったのとで、涙を抑えられなかった」という。

 クラスごとにまとめた全22冊のアルバムに、児童1人ずつが顔写真入りのメッセージを寄せた。低学年からは「休みじかんいっしょにあそんでくれてありがとう。おべんきょうがんばります」「高い高いをしてくれてありがとうございます」、高学年からは「先生にほめられてとてもうれしく思いました」「始・終業式のときの面白い話、大切な話、毎回とても楽しみでした」などの言葉がつづられている。

 佐々木校長は「退職してからゆっくり読ませていただく。宝物です」と子どもたちの気持ちをかみしめている。

関連記事

釧路新聞

釧路町議選投開票

任期満了に伴う釧路町議選(定数16)は20日、投開票が行われ、倉井俊勝氏(66)=自民=がトップで8選を果たした。新人は大谷哲也氏(67)=公明=、中家治子氏(65)=共産=、鈴木麻由子氏(47...

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...