北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

大東正史さん7回目のV【浦河】

 北海道日高装蹄師会(武田英二会長、会員80人)の第25回装蹄競技大会が25日、浦河町西舎のJRA日高育成総合施設の軽種馬装蹄所で開かれ、総合成績で浦河町の大東正史さん(42)が3連覇し、通算7度目の優勝を飾った。成績上位5人は、10月に栃木県宇都宮市で開かれる全国大会への出場権を得た。

 装蹄師の技能力アップを図る競技会で、道内をエリアとする日高装蹄師会から選ばれた26歳から42歳の会員10人が出場。順位はつかないが、日本中央競馬装蹄師会関東支部や韓国装蹄師会など国内外から5人がオープン参加した。

 競技は鉄の延棒から馬の前肢左右の蹄鉄を作製する「単独造鉄」(満点200点)と、判断用馬一頭の装蹄方針を決める「装蹄判断」(同100点)、実馬の前肢1蹄に合わせた造鉄・削蹄・適合・仕上げの「装蹄」(同370点)の3種目で670点満点。

 競技審査には、過去2回の優勝経験がある日高装蹄師会の中館啓貴さん(苫小牧市)を委員長に、過去8回優勝の同会副会長の門別尚省さん(日高町)、JRA日高育成牧場や軽種馬生産技術総合研修センターの専門家ら5人が厳密に採点した。

 造鉄は25分以内に真っ赤に燃えたコークスで鉄を熱し、ハンマーや専用道具でイメージ通り蹄鉄を作る種目。会場では多くの会員や関係者が見守る中、「カン、カーン」と鉄を打つ音だけが響き、選手たちは汗だくになりながら各競技に集中し取り組んだ。

 武田会長によると、今回の韓国からのオープン参加は「レベルの高い日本の装蹄技術に触れたいという申し入れがあり、参加してもらった」と話していた。  総合順位と部門別1位は次の通り。

 ▽総合 ①大東正史(42)=浦河町=483・8点②岡本昴昌(29)=浦河町=449・4点③倉持達矢(31)=新冠町=448点④高橋理生(36)=浦河町=442・9点⑤豊巻亮(41)=浦河町=441・1点

 ▽装蹄判断 ①茂貴紀(30)=浦河町=79・5点

 ▽単独造鉄 ①大東正史、147・3点

 ▽装蹄 ①大東正史、261・5点

関連記事

根室新聞

議員定数 依然隔たり「維持」から最大「4減」まで【根室】

 議員定数問題を協議する根室市議会(本田俊治議長)の議員定数等に関する調査検討委員会(滑川義幸委員長)は9日午前、各会派、議員の「あるべき定数の考え方」に対する質疑を行った。議会内は「現状維持...

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス