北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

大東正史さん7回目のV【浦河】

 北海道日高装蹄師会(武田英二会長、会員80人)の第25回装蹄競技大会が25日、浦河町西舎のJRA日高育成総合施設の軽種馬装蹄所で開かれ、総合成績で浦河町の大東正史さん(42)が3連覇し、通算7度目の優勝を飾った。成績上位5人は、10月に栃木県宇都宮市で開かれる全国大会への出場権を得た。

 装蹄師の技能力アップを図る競技会で、道内をエリアとする日高装蹄師会から選ばれた26歳から42歳の会員10人が出場。順位はつかないが、日本中央競馬装蹄師会関東支部や韓国装蹄師会など国内外から5人がオープン参加した。

 競技は鉄の延棒から馬の前肢左右の蹄鉄を作製する「単独造鉄」(満点200点)と、判断用馬一頭の装蹄方針を決める「装蹄判断」(同100点)、実馬の前肢1蹄に合わせた造鉄・削蹄・適合・仕上げの「装蹄」(同370点)の3種目で670点満点。

 競技審査には、過去2回の優勝経験がある日高装蹄師会の中館啓貴さん(苫小牧市)を委員長に、過去8回優勝の同会副会長の門別尚省さん(日高町)、JRA日高育成牧場や軽種馬生産技術総合研修センターの専門家ら5人が厳密に採点した。

 造鉄は25分以内に真っ赤に燃えたコークスで鉄を熱し、ハンマーや専用道具でイメージ通り蹄鉄を作る種目。会場では多くの会員や関係者が見守る中、「カン、カーン」と鉄を打つ音だけが響き、選手たちは汗だくになりながら各競技に集中し取り組んだ。

 武田会長によると、今回の韓国からのオープン参加は「レベルの高い日本の装蹄技術に触れたいという申し入れがあり、参加してもらった」と話していた。  総合順位と部門別1位は次の通り。

 ▽総合 ①大東正史(42)=浦河町=483・8点②岡本昴昌(29)=浦河町=449・4点③倉持達矢(31)=新冠町=448点④高橋理生(36)=浦河町=442・9点⑤豊巻亮(41)=浦河町=441・1点

 ▽装蹄判断 ①茂貴紀(30)=浦河町=79・5点

 ▽単独造鉄 ①大東正史、147・3点

 ▽装蹄 ①大東正史、261・5点

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス