北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

大東正史さん7回目のV【浦河】

 北海道日高装蹄師会(武田英二会長、会員80人)の第25回装蹄競技大会が25日、浦河町西舎のJRA日高育成総合施設の軽種馬装蹄所で開かれ、総合成績で浦河町の大東正史さん(42)が3連覇し、通算7度目の優勝を飾った。成績上位5人は、10月に栃木県宇都宮市で開かれる全国大会への出場権を得た。

 装蹄師の技能力アップを図る競技会で、道内をエリアとする日高装蹄師会から選ばれた26歳から42歳の会員10人が出場。順位はつかないが、日本中央競馬装蹄師会関東支部や韓国装蹄師会など国内外から5人がオープン参加した。

 競技は鉄の延棒から馬の前肢左右の蹄鉄を作製する「単独造鉄」(満点200点)と、判断用馬一頭の装蹄方針を決める「装蹄判断」(同100点)、実馬の前肢1蹄に合わせた造鉄・削蹄・適合・仕上げの「装蹄」(同370点)の3種目で670点満点。

 競技審査には、過去2回の優勝経験がある日高装蹄師会の中館啓貴さん(苫小牧市)を委員長に、過去8回優勝の同会副会長の門別尚省さん(日高町)、JRA日高育成牧場や軽種馬生産技術総合研修センターの専門家ら5人が厳密に採点した。

 造鉄は25分以内に真っ赤に燃えたコークスで鉄を熱し、ハンマーや専用道具でイメージ通り蹄鉄を作る種目。会場では多くの会員や関係者が見守る中、「カン、カーン」と鉄を打つ音だけが響き、選手たちは汗だくになりながら各競技に集中し取り組んだ。

 武田会長によると、今回の韓国からのオープン参加は「レベルの高い日本の装蹄技術に触れたいという申し入れがあり、参加してもらった」と話していた。  総合順位と部門別1位は次の通り。

 ▽総合 ①大東正史(42)=浦河町=483・8点②岡本昴昌(29)=浦河町=449・4点③倉持達矢(31)=新冠町=448点④高橋理生(36)=浦河町=442・9点⑤豊巻亮(41)=浦河町=441・1点

 ▽装蹄判断 ①茂貴紀(30)=浦河町=79・5点

 ▽単独造鉄 ①大東正史、147・3点

 ▽装蹄 ①大東正史、261・5点

関連記事

釧路新聞

釧路町議選投開票

任期満了に伴う釧路町議選(定数16)は20日、投開票が行われ、倉井俊勝氏(66)=自民=がトップで8選を果たした。新人は大谷哲也氏(67)=公明=、中家治子氏(65)=共産=、鈴木麻由子氏(47...

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...