北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

歯舞小中をモデル校に義務教育学校導入へ【根室】

平成32年度の導入をめどに義務教育学校モデル校となった歯舞小中学校

 根室市教育委員会(寺脇文康教育長)は、小中一貫・連携教育の推進から歯舞小中学校をモデル校とし、小学校と中学校双方の教員免許を所持する教員の確保や職員室の小中一室化などの検討を重ね、平成32年度を目標に義務教育学校の導入を目指す。市教委ではモデル校で得られる知見などを他の小・中学校にも積極的に普及を図り、「小中連携教育を推進していきたい」としている。

 義務教育学校は、初等教育の小学校と前期中等教育の中学校を同一学校で行うもので、義務教育期間の9年間の教育を一貫して行う学校。9年間で系統的な教育が行われ、学習環境が安定するなどの特徴がある。このため、学習環境や生活環境、人間関係など小学校と中学校で大きく変化する通称「中一の壁」(小中ギャップ)の緩和や解消などメリットが指摘されている。

 根室市では平成29年6月に「小中一貫教育推進基本方針」を策定。同方針では、小中一貫・連携教育の高度化を推進するため、義務教育学校を歯舞、海星、厚床の3小中併置校で導入する考えを示している。

 このうち、歯舞小中学校は、全学年で複式学級が生じず、一定規模の学級編成が可能なことから、モデル校に指定。職員室の小中一室化をはじめ、中学校教員の小学校への出前授業や小学校と中学校の教員の相互交流授業など、32年度の導入に向けて調査、検討を進めるほか、大きな課題となる小学校と中学校の両方の教員免許を持つ教員の確保対策などを進める。

 一方、義務教育学校には、9年間同じ人間関係が続くため、人間関係の固定化や新たな人間関係を作る能力の低下などデメリットも指摘され、3月定例月議会では「子どもの成長、発達への観点などから導入を判断すべき」との意見もあった。

 市教委では「義務教育9年間を見通してギャップのないスムーズな教育課程を編成することで、子どもたちの負担とならないよう十分配慮するなど、先進校の知見を参考にしながら、教育効果の向上に努めたい」とし、学校現場と十分な協議を重ね、保護者や地域の理解を得ながら設置に向けて検討したいとしている。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス