北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

歯舞小中をモデル校に義務教育学校導入へ【根室】

平成32年度の導入をめどに義務教育学校モデル校となった歯舞小中学校

 根室市教育委員会(寺脇文康教育長)は、小中一貫・連携教育の推進から歯舞小中学校をモデル校とし、小学校と中学校双方の教員免許を所持する教員の確保や職員室の小中一室化などの検討を重ね、平成32年度を目標に義務教育学校の導入を目指す。市教委ではモデル校で得られる知見などを他の小・中学校にも積極的に普及を図り、「小中連携教育を推進していきたい」としている。

 義務教育学校は、初等教育の小学校と前期中等教育の中学校を同一学校で行うもので、義務教育期間の9年間の教育を一貫して行う学校。9年間で系統的な教育が行われ、学習環境が安定するなどの特徴がある。このため、学習環境や生活環境、人間関係など小学校と中学校で大きく変化する通称「中一の壁」(小中ギャップ)の緩和や解消などメリットが指摘されている。

 根室市では平成29年6月に「小中一貫教育推進基本方針」を策定。同方針では、小中一貫・連携教育の高度化を推進するため、義務教育学校を歯舞、海星、厚床の3小中併置校で導入する考えを示している。

 このうち、歯舞小中学校は、全学年で複式学級が生じず、一定規模の学級編成が可能なことから、モデル校に指定。職員室の小中一室化をはじめ、中学校教員の小学校への出前授業や小学校と中学校の教員の相互交流授業など、32年度の導入に向けて調査、検討を進めるほか、大きな課題となる小学校と中学校の両方の教員免許を持つ教員の確保対策などを進める。

 一方、義務教育学校には、9年間同じ人間関係が続くため、人間関係の固定化や新たな人間関係を作る能力の低下などデメリットも指摘され、3月定例月議会では「子どもの成長、発達への観点などから導入を判断すべき」との意見もあった。

 市教委では「義務教育9年間を見通してギャップのないスムーズな教育課程を編成することで、子どもたちの負担とならないよう十分配慮するなど、先進校の知見を参考にしながら、教育効果の向上に努めたい」とし、学校現場と十分な協議を重ね、保護者や地域の理解を得ながら設置に向けて検討したいとしている。

関連記事

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...

十勝毎日新聞

室工大と共同研究 大樹のIST【札幌】

 大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は21日午前、札幌市内で記者会見し、室蘭工業大学(空閑良壽=くが・よしかず=学長)と共同研究を開始したと発表した。4月に...

十勝毎日新聞

工事現場に「事務職」 村上土建が新設【音更】

 村上土建開発工業(音更町、村上誠社長)は今年春から、工事現場の事務所で書類作成業務を担う「現場事務職」を新設した。人手不足の中、普通高校からも人材を受け入れやすくなるほか、働く選択肢を増やすこと...

十勝毎日新聞

9月生まれおいで 3000円分のチケット贈呈【鹿追】

 鹿追町観光協会(坂本昌彦会長)は、9月生まれの町外在住者に、町内観光施設などで使える3000円分のチケットを贈呈する「ハッピーバースデーキャンペーン」を実施する。  町内への誘客を目的に20...

室蘭民報

室蘭市と宮古市が災害時相互支援で協定、フェリー活用【室蘭】

 昨年就航した定期フェリーで結ばれた室蘭市と岩手県宮古市が20日、災害時の相互応援や協力に関する協定を結んだ。海上インフラを最大限生かし、災害発生時に速やかに人や物資の応援を要請・派遣するほか、...