北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

キャッシュレス化推進の事業開始【函館】

キャッシュレスタウン函館の推進に向けた宣言書を交わした久保会頭(右)と千野常務

 函館商工会議所(久保俊幸会頭)と登記上の本店を函館に置く信販大手のジャックス(東京)は4月1日、キャッシュレス決済の推進に向けた「キャッシュレスタウン函館」事業を開始する。同会議所の会員向けに優遇された手数料率や決済端末導入費用を負担するなどの特別なプランを用意し、小規模事業者も導入しやすい環境を整備する。

 キャッシュレス化が進む外国からの観光客の増加や消費増税に伴う政府の還元策に対応するため、クレジットカードやQRコードなどのキャッシュレス決済への関心が高まっている。

 しかし、同会議所が導入を検討する会員企業から受けた相談では、企業がカード会社に支払う手数料率や導入費用、決済から入金までに時間がかかる懸念や「情報が多くどれを選んで良いのか分からない」といった悩みも多いという。

 同事業では①政府の消費増税還元策が適用される上限(3・25%)を下回る手数料率②月2回の清算・入金③初期導入費・システム利用料が原則無料-などを条件とする会員向けのプランを用意し、同会議所の推奨施策として周知する。利用できる決済は「ビザ」「マスターカード」「アリペイ」「ウィーチャットペイ」の4種類で、申し込み、問い合わせは同会議所(0138・23・1181)で受け付ける。

 両者は27日に市内で会見を開き、久保会頭とジャックスの千野仁常務が「キャッシュレスタウン函館」推進に向けた宣言書にサインした。久保会頭は「消費増税による売り上げの落ち込みを防ぎ、外国人旅行者の消費を拡大するきっかけとして、多くの小規模事業者に活用していただきたい」と述べた。

関連記事

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...