北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

消防団がフレックス導入 訓練時間を選択制に【新得】

 新得消防団(廣瀬顯嗣団長、団員54人)は新年度から、定期訓練日の出動時間帯を選択できるフレックスタイム制をスタートさせる。町民の安全安心を守る重要な役割を担う消防団が柔軟な運用を導入し、訓練の出動率アップを図ることで、消防力の向上・強化につなげたい考え。「消防団活動の態勢充実は心強い」と町民が寄せる期待も大きい。

フレックスタイム制を導入し、訓練の出動率アップを図る新得消防団

 同団は毎月2回(1日、15日)の訓練日を定め、火災現場での消火を想定した放水訓練などを行いながら非常時の災害に備えている。団員の身分は、非常勤特別職の地方公務員。自営業や団体職員、農業などさまざまな仕事に就く団員は、災害が起きると自宅や職場から現場へ駆け付ける。

 60人の定数に対し、実数は54人と充足率は90%。事業所や町広報紙などで団員加入を呼び掛けているが、欠員の補充はできていないのが現状だ。さらに勤続10年未満の団員は27人に上り、全体の半数を占めている。

 昨年4月から1年間に行った19回の訓練では、延べ492人が出動。1回当たりの出動平均は26人と、実数の半分以下の状態が続き、出動率も48%にとどまっていた。効果的な出動率の向上を目指すために、昨年は3回(6、9、10月)フレックスタイム制の試行に踏み切り、「出動しやすい環境づくり」に乗り出した。

 同タイム制は、指定する3区分(午前5時40分~、午後1時~、午後6時~)の中から、団員が自由に訓練に参加する時間帯を選択できる。廣瀬団長は「災害現場の経験が少ない団員個々の判断能力と技術力を高めたい。臨機応変に対応できる消防活動態勢を整え、不測災害に備えたい」と話す。新得消防署によると、管内19市町村にある21消防団で同タイム制を導入するのは同団が初めてという。

<フレックスタイム制>
 労働者などが自身で日々の始業・終業時刻を決定して働くことができる制度。

関連記事

函館新聞

箱館醸蔵、酒米収穫スタート【七飯】

 【七飯】七飯町大中山1で新たな酒蔵を建設中の箱館醸蔵(冨原節子社長)は20日、町中野の栽培圃場(ほじょう)で酒米の収穫を始めた。酒造好適米「彗星(すいせい)」を刈り取り、新しい酒造りへの意欲を...

函館新聞

函館市高齢化率上昇続く 旧4町村は約50%に【函館】

 少子高齢化が進む函館市では、65歳以上の老年人口の割合が年々高まっている。市の住民基本台帳(8月末現在)によると、65歳以上の人口は9万164人で、高齢化率は前年同期比0・5ポイント増の35・...

十勝毎日新聞

オリンピアン“背”に ポロシャツ製作 高木姉妹や山本選手にも好評【幕別】

 町役場職員交友会(会長・細澤正典住民福祉部長)は、町出身の5人のオリンピアンをモチーフにしたポロシャツを製作した。それぞれの競技に打ち込む5人のシルエットがプリントされたポロシャツは選手本人たち...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

十勝毎日新聞

屋上に飛行機! 持ち主の小枝さん「操縦の思い出展示」 空の日【帯広】

 ビルの屋上に軽飛行機発見! 帯広市中心部の小枝銀座ビル(西1南11)の屋上にたたずむ1機の軽飛行機。この存在に気付いた周辺ホテルの宿泊客らが2014年ごろから、ツイッター上にたびたび写真を投稿し...