北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

“幻のブドウ” 限定「十勝ブランデー」に【池田】

 大冷害でブドウが不作だったため十勝ワインの仕込みを諦めた1993年産の“幻のブドウ”を原料にした十勝ブランデー原酒が四半世紀の樽(たる)熟成を経て「清見1993」(アルコール度数60%、375ミリリットル)として商品化される。町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)は30日から、限定930本を1本1万6200円でワイン城内限定で販売する。

“幻のブドウ”を原料にした十勝ブランデー「清見1993」

 93年の国内は記録的な冷夏に見舞われ、“平成の米騒動”と呼ばれる深刻な事態に陥った。ワイン事業を手掛けていた町内では原料となる独自品種の「清見」などのブドウの収量が例年の4分の1程度にまで落ち込み、同研究所によると、「泣く泣くワインの仕込みを諦めた」という。

 十勝ワインとして世に出回らなかった93年産の「清見」は糖度が低く、酸度が高いことからブランデーに適しており、同研究所では2樽分を十勝ブランデーとして仕込んでいた。

 同研究所では、ワイン城内に今春にもお目見えするブランデー蒸留施設のリニューアルオープンを記念して、25年間の樽熟成を経た1樽分を十勝ブランデー「清見1993」として限定発売する。

 同研究所の安井所長は、「繊細で洗練された他にはないブランデーで、大冷害がもたらした僥倖(ぎょうこう)といえる」と太鼓判を押しており、洋酒ファン垂涎(すいぜん)の逸品に仕上がった。

 問い合わせは、同研究所(015・572・4090)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...

十勝毎日新聞

芽室名物「コーンチャーハン」販売 25日から【十勝】

 コンビニエンスストアのセブンイレブン(本社東京)は25日から、芽室町名物「コーンチャーハン」を十勝管内限定で販売する。  同町の日本罐詰から仕入れたコーンを使用。バターやしょうゆで味付けし、...

室蘭民報

コープさっぽろ室蘭支部が西胆振地場産品の販売強化【室蘭】

 生活協同組合コープさっぽろ室蘭地区本部は、地域密着をキーワードにエリア内店舗で西胆振の地場産品の取り扱いを強化している。今年から地区本部管内7店舗で一部の商品をコーナー化するなど販売を促進。日...

室蘭民報

えんプロ市今年初開催、地域住民でにぎわう【洞爺湖】

 洞爺湖、豊浦、壮瞥各町の若手農家によるグループ「えんプロジェクト」(小林裕司代表)の農産品を販売するえんプロ市が15日、洞爺湖町の虻田ふれ合いセンター駐車場であった。軽トラックの荷台に並んだ新...

室蘭民報

道の駅みたらで新メニューうずらんパフェを17日から販売【室蘭】

 リニューアルに合わせて開発された「うずらんソフトクリーム」が好評の道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)で、17日から新メニュー「うずらんパフェ」3種類が販売される。  室蘭うずら園(石川町)のウ...