北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

“幻のブドウ” 限定「十勝ブランデー」に【池田】

 大冷害でブドウが不作だったため十勝ワインの仕込みを諦めた1993年産の“幻のブドウ”を原料にした十勝ブランデー原酒が四半世紀の樽(たる)熟成を経て「清見1993」(アルコール度数60%、375ミリリットル)として商品化される。町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)は30日から、限定930本を1本1万6200円でワイン城内限定で販売する。

“幻のブドウ”を原料にした十勝ブランデー「清見1993」

 93年の国内は記録的な冷夏に見舞われ、“平成の米騒動”と呼ばれる深刻な事態に陥った。ワイン事業を手掛けていた町内では原料となる独自品種の「清見」などのブドウの収量が例年の4分の1程度にまで落ち込み、同研究所によると、「泣く泣くワインの仕込みを諦めた」という。

 十勝ワインとして世に出回らなかった93年産の「清見」は糖度が低く、酸度が高いことからブランデーに適しており、同研究所では2樽分を十勝ブランデーとして仕込んでいた。

 同研究所では、ワイン城内に今春にもお目見えするブランデー蒸留施設のリニューアルオープンを記念して、25年間の樽熟成を経た1樽分を十勝ブランデー「清見1993」として限定発売する。

 同研究所の安井所長は、「繊細で洗練された他にはないブランデーで、大冷害がもたらした僥倖(ぎょうこう)といえる」と太鼓判を押しており、洋酒ファン垂涎(すいぜん)の逸品に仕上がった。

 問い合わせは、同研究所(015・572・4090)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

十勝毎日新聞

「いいね」も伸びるチーズハットグ 3日開店【帯広】

 JR帯広駅のエスタ帯広西館に3日、韓国式アメリカンドッグ・チーズハットグを販売する「チーズハットグ田舎村」がオープンする。駅内のにぎわいづくりにつながると期待される。  チーズハットグはア...

名寄新聞

きょうから数量限定販売・「星空雪見法蓮草」の大福【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、寒締めホウレンソウ「なよろ星空雪見法蓮草」のペーストを餅に練り込んだ大福を、30日から数量限定で発売。ホウレンソウとバター風味のあんが...