北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

“幻のブドウ” 限定「十勝ブランデー」に【池田】

 大冷害でブドウが不作だったため十勝ワインの仕込みを諦めた1993年産の“幻のブドウ”を原料にした十勝ブランデー原酒が四半世紀の樽(たる)熟成を経て「清見1993」(アルコール度数60%、375ミリリットル)として商品化される。町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)は30日から、限定930本を1本1万6200円でワイン城内限定で販売する。

“幻のブドウ”を原料にした十勝ブランデー「清見1993」

 93年の国内は記録的な冷夏に見舞われ、“平成の米騒動”と呼ばれる深刻な事態に陥った。ワイン事業を手掛けていた町内では原料となる独自品種の「清見」などのブドウの収量が例年の4分の1程度にまで落ち込み、同研究所によると、「泣く泣くワインの仕込みを諦めた」という。

 十勝ワインとして世に出回らなかった93年産の「清見」は糖度が低く、酸度が高いことからブランデーに適しており、同研究所では2樽分を十勝ブランデーとして仕込んでいた。

 同研究所では、ワイン城内に今春にもお目見えするブランデー蒸留施設のリニューアルオープンを記念して、25年間の樽熟成を経た1樽分を十勝ブランデー「清見1993」として限定発売する。

 同研究所の安井所長は、「繊細で洗練された他にはないブランデーで、大冷害がもたらした僥倖(ぎょうこう)といえる」と太鼓判を押しており、洋酒ファン垂涎(すいぜん)の逸品に仕上がった。

 問い合わせは、同研究所(015・572・4090)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

高級食パン 行列のオープン エイムカンパニー【帯広】

 エイムカンパニー(帯広、佐藤慎吾社長)が運営する高級食パン専門店「大地はドラムと優しい麦」が20日、帯広市西8南14にオープンした。初日は朝から多くの客が列をなし、開店を待ちわびる姿が見られた...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。  今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

トテッポに十勝の花ケーキ 蜷川展コラボ【帯広】

 十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)が販売している、十勝産食用花を使った新作のケーキ「ni-na(ニーナ)」が、連日売り切れになるなど好評だ。  ニーナは、19日から道立帯広美術館(帯広市...