北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函商高3人がFP検定3級合格【函館】

合格を喜ぶ(左から)竹野さん、大庭校長、南谷さん

 函館商業高校(大庭隆校長)を今月卒業した会計ビジネス科7期生の竹野朋香さん(18)、南谷朱音さん(同)、上井愛結(まあな)さん(同)の3人がこのほど、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が実施する国家資格、3級FP技能士検定の試験に合格した。竹野さんと南谷さんは「合格できてうれしい。今後の仕事や生活でも生かしていきたい」と喜んでいる。

 同科からは今年度、3人のみが受験した。1月27日に函館大学で試験が行われ、今月7日に吉報が届いた。試験には、所得税の仕組みやリスクマネジメントなどを解く学科試験と実技試験(資産設計提案業務)がある。南谷さんは「学科試験では、授業で触れる機会がない不動産や相続・事業継承の問題に苦戦した」と試験を振り返る。

 上井さんはすでに、札幌市の建設会社で事務員として働いている。竹野さんは昨年11月に市内の会計事務所に内定をもらい、「自分の将来のために受験してみよう」と、自動車学校の通学と平行して勉強。春から市内の損害保険会社代理店で勤務する南谷さんも「会社からも受験を勧められ、とっておいて損はないと思ったので受けた」と話す。

 放課後も校内の実践室に3人で集まり、試験日の直前まで勉強する日々が続いた。「普段の授業では先生がわかりやすく解説してくれていたので大変だった。互いにわからないところは何度も確認し合った」と竹野さん。

 大庭校長は「自分たちで受験を決め、友人同士で力を合わせて勝ち取った価値のある合格。本当におめでとう」と、3人を祝福した。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...