北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函商高3人がFP検定3級合格【函館】

合格を喜ぶ(左から)竹野さん、大庭校長、南谷さん

 函館商業高校(大庭隆校長)を今月卒業した会計ビジネス科7期生の竹野朋香さん(18)、南谷朱音さん(同)、上井愛結(まあな)さん(同)の3人がこのほど、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が実施する国家資格、3級FP技能士検定の試験に合格した。竹野さんと南谷さんは「合格できてうれしい。今後の仕事や生活でも生かしていきたい」と喜んでいる。

 同科からは今年度、3人のみが受験した。1月27日に函館大学で試験が行われ、今月7日に吉報が届いた。試験には、所得税の仕組みやリスクマネジメントなどを解く学科試験と実技試験(資産設計提案業務)がある。南谷さんは「学科試験では、授業で触れる機会がない不動産や相続・事業継承の問題に苦戦した」と試験を振り返る。

 上井さんはすでに、札幌市の建設会社で事務員として働いている。竹野さんは昨年11月に市内の会計事務所に内定をもらい、「自分の将来のために受験してみよう」と、自動車学校の通学と平行して勉強。春から市内の損害保険会社代理店で勤務する南谷さんも「会社からも受験を勧められ、とっておいて損はないと思ったので受けた」と話す。

 放課後も校内の実践室に3人で集まり、試験日の直前まで勉強する日々が続いた。「普段の授業では先生がわかりやすく解説してくれていたので大変だった。互いにわからないところは何度も確認し合った」と竹野さん。

 大庭校長は「自分たちで受験を決め、友人同士で力を合わせて勝ち取った価値のある合格。本当におめでとう」と、3人を祝福した。

関連記事

函館新聞

秋の夜空に3000発 市内4カ所で函館合同花火【函館】

 地域の明るい未来と疫病退散への願いを込めた「函館合同花火2020~未来への希望の光」(函館青年会議所、函館新聞社共催)が19日夜に行われた。函館市内の4カ所から、20分間で計3000発の花火が...

函館新聞

本町交差点周辺でまちなかオープンテラス始まる【函館】

 函館市本町・五稜郭エリアににぎわいを創出する「五稜郭まちなかオープンテラス」(実行委主催)が19日、本町交差点周辺で始まった。「3密」を防ごうと路面店が歩道にテラス席を用意し客が飲食を楽しんだ...

根室新聞

北の勝 札幌国税局鑑定官が出来栄え確認【根室】

 根室の地酒「北の勝」の醸造元、碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)で18日、昨年10月から仕込みを開始して夏を越した原酒の熟成具合などを見る恒例の「呑切り」が行われ、札幌国税局の鑑定官らが試飲し...

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。  今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新...

苫小牧民報

コロナの影響受けず 来春採用は例年並み-苫小牧市内自動車部品製造大手

 苫小牧市内の自動車部品製造大手は、2021年春の新卒採用を例年通りの規模で実施する計画だ。新型コロナウイルス感染拡大による打撃を受けたが、各社は「採用にコロナの影響はない。中長期的視点で人材を確...