北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

スキー指導20余年、壮瞥高が卒業生の長谷川さんを表彰【壮瞥】

後輩たちを前に語る長谷川富雄さん

 壮瞥高校の卒業生で、20年以上にわたって生徒にスキーを指導している長谷川富雄さん(83)=町内滝之町=が同校から表彰された。表彰式に集まった後輩たちを前に「人生いろいろあるが、自分に負けるな!なんとかなる」と力強く語った。

 長谷川さんは、鉱山で栄えた町内黄渓生まれ。小学3年から中学校卒業まで夕張で過ごし、壮瞥に戻って黄渓鉱山に就職。黄渓中学校内に開校した壮瞥高黄渓分室に入学し、1961年(昭和36年)に卒業した10期生。鉱山の閉山後は、測量会社でアルバイトをしながら夜間は室蘭の職業訓練学校に通い、その後、測量会社に勤務した。 

 「直滑降なら子どものころから滑っていた」という長谷川さんが基礎スキーを学び始めたのは40歳のとき。ウェーデルンなどのターン技術を習得し、47歳でスキー検定1級を取得。後志管内留寿都村のスキー場に通って研さんを積み、61歳で準指導員になった。

 当初は伊達スキー連盟の一員として指導していたが、20年ほど前からは直接、指導するようになった。年齢を重ねても指導は確かで、生徒たちの信頼を集めてきた。この間、使わなくなったり、譲り受けたスキー道具一式を同校に寄贈し続けてきた。その数、約20組。現在も授業で使われている。

 表彰式は、卒業式を翌日に控えた2月28日、体育館であった。野村博之校長から表彰状を受け取った長谷川さんは「スキーは真剣にやれば必ずできるようになる。今年の1年生は特に頑張った。成長し、顔つきが変わった」とたたえた。

 80代を迎えた今も、夏場のトレーニングを欠かさない。「来年も頑張りたいと思います」。生徒に再会を誓うと、万来の拍手を受けた。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...