北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

来年2月 ハピオ リニューアルへ【音更】

来年2月にリニューアルを計画しているハピオ

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(町木野通西7、石田晴久店長)は、来年2月に店舗のリニューアルを計画している。同JAの中期3カ年総合計画(2019~21年度)の一環で、今秋にも近隣地区に開業予定の競合店対策でもある。

 リニューアルは、1994年の開店以来3回目。前回は08年に行っており、12年ぶりとなる。

 8月から、開店時からのコンサルタント(札幌)が商圏調査を実施。来店頻度や購買単価などを把握するほか、これまで随時行ってきた顧客アンケートの結果などを踏まえ、商品構成や店内のレイアウトなどについて検討する。

 併せて、店舗のコンセプトや主要な顧客ターゲットなどについても論議、社員教育も行い、店舗の在り方について共有化を図る。

 総事業費は7070万円。27日、同JA事務所で開かれた臨時総会で承認された。

 同JAの辰尾繁好専務は「地域に育てていただいた店を再確認し、どういう店にしていくかを見直す作業。新鮮な地場産野菜や総菜など、ハピオの強みを生かし、ブランド力を高めたい」と話し、新たなファン獲得も視野に入れる。

 ハピオの18年度の売上高は26億7795万円(見込み)で、19年度の計画は26億5200万円。年間来客数は約90万人。

関連記事

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...