北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

きょうから数量限定販売・「星空雪見法蓮草」の大福【名寄】

寒締めホウレンソウのペーストを練り込んだ大福

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、寒締めホウレンソウ「なよろ星空雪見法蓮草」のペーストを餅に練り込んだ大福を、30日から数量限定で発売。ホウレンソウとバター風味のあんが特徴の味わいに仕上がっている。

 同社では、なよろ野菜加工品研究会(神田勇一郎会長)、社会福祉法人なよろ陽だまりの会(池昇一理事長)と連携し、今年で3年目。同研究会では、規格外品の野菜を活用した加工品作りに取り組んでおり、同法人で製造したホウレンソウのペーストを使った大福を製造、販売することに。神田会長は「なよろ星空雪見法蓮草生産組合」の組合長も務めている。

 日本野菜ソムリエ協会による「野菜ソムリエサミット」で最高金賞(2017年)を受賞した「なよろ星空雪見法蓮草」を使った大福は、毎年この時期に販売され、好評を得ており、今年も再販売の問い合わせがあったとのこと。

 大福の餅に寒締めホウレンソウのペーストが練り込まれており、色は淡い緑。中にはバター入りの小豆粒あんが入っており、ホウレンソウの優しい味わいとバターの風味が絶妙にマッチしている。

 価格は1個140円で数量限定。道の駅「もち米の里☆なよろ」、もち米の里ふうれん特産館名寄店(イオン名寄ショッピングセンター内)で販売している。

関連記事

室蘭民報

コープさっぽろ室蘭支部が西胆振地場産品の販売強化【室蘭】

 生活協同組合コープさっぽろ室蘭地区本部は、地域密着をキーワードにエリア内店舗で西胆振の地場産品の取り扱いを強化している。今年から地区本部管内7店舗で一部の商品をコーナー化するなど販売を促進。日...

室蘭民報

えんプロ市今年初開催、地域住民でにぎわう【洞爺湖】

 洞爺湖、豊浦、壮瞥各町の若手農家によるグループ「えんプロジェクト」(小林裕司代表)の農産品を販売するえんプロ市が15日、洞爺湖町の虻田ふれ合いセンター駐車場であった。軽トラックの荷台に並んだ新...

室蘭民報

道の駅みたらで新メニューうずらんパフェを17日から販売【室蘭】

 リニューアルに合わせて開発された「うずらんソフトクリーム」が好評の道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)で、17日から新メニュー「うずらんパフェ」3種類が販売される。  室蘭うずら園(石川町)のウ...

室蘭民報

寿浅が「甘露法水」で地酒開発、来月発売目指す【伊達】

 寿浅(伊達市山下町、寿浅雅俊代表取締役社長)は、伊達の地酒「伊達 甘露法水」の開発を進めている。伊達150年をきっかけに企画。特別純米酒で伊達産米を原料に、同市大滝区の三階滝公園内の湧き水「甘...

室蘭民報

農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート【豊浦】

 豊浦町大岸で佐藤英貴さん、律子さん夫婦が営む農園「G.S.W grow.seed.works たねびと」が今年からイチゴ狩りを始めた。イチゴを自由に摘み取って楽しめる。「ぜひ来園を」と呼び掛け...