北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新規観光土産に5商品 千歳観光連盟、審査会で推奨認定

新規に認定された(右から)湯引き北寄貝、道産豚肉使用ちとせカルパス、ハスカップワイン3種類

 千歳観光連盟(滝沢順久会長)は28日、新千歳空港内の連盟空港事務所内で千歳観光土産推奨審査会を開き、千歳の新たな観光土産推奨品に3社の5商品を追加認定した。3年間の認定期間が切れた8社の17商品も改めて審査し再認定となった。

 新規に認定されたのは苫小牧市のマルゼン食品(三小田和宏社長)から申請のあった「湯引き北寄貝」(500グラム入り税込み3300円)、千歳市の北海道千歳ハム(鈴木良夫社長)の「道産豚肉使用ちとせカルパス」(90グラム入り同486円)。

 さらに千歳市の北海道中央葡萄酒(三澤計史社長)の「ハスカッププレミアスイート」(720ミリリットル入り同1944円)と「ハスカップスイート」(720ミリリットル入り同1492円)、「ハスカップセミドライ」(720ミリリットル入り同1836円)。同社は3種のハーフボトルも同時申請した。

 審査は千歳観光連盟の勝俣克廣副会長ら役員4人が担当。申請者や連盟事務局から商品の特徴を聞き取り、試食試飲して観光土産推奨品に適当かどうかを審査した。三小田社長は湯引き北寄貝について、「鮮度の良いものをさっとゆでており、軟らかく生に近い味」と強調。審査員から豊富な量に加え、「だし汁もかなり出そう」などの声が上がった。

 道産豚肉使用ちとせカルパスでは、北海道千歳ハムの鈴木拓郎営業部次長が「弊社で常温の商品を取り扱うのは初めて」と紹介。道産豚と千歳の水を使った地産地消をアピールした。

 審査の結果、新規5商品を観光土産推奨品に認定。継続審査の17品も再認定した。製造終了や休止、期間満了となった6商品は認定から外れ、2019年度の観光土産推奨品は全体で50商品となった。

関連記事

函館新聞

三橋美智也さんの名曲歌い継ぐ 11月に古里北斗で【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身の歌手、故三橋美智也さん(1930―96年)の楽曲を、ゆかりのある歌手が歌う「三橋美智也ふるさとコンサート」(スマド、市かなでーる協会主催)が11月24日、総合文化...

函館新聞

「最後の武士達」円筒形1基目設置 土方「最期の地碑」近く【函館】

 戊辰戦争終結150周年記念事業実行委員会(中野豊会長)は15日、函館市総合福祉センター前の若松緑地内に土方歳三に関わる円筒形のモニュメントを設置した。若松町周辺には箱館戦争当時、一本木関門があ...

十勝毎日新聞

新鮮野菜求め列 市内サラダ館で「おはよう朝市」【帯広】

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

十勝毎日新聞

学校のPC授業支援 エドテック 町と協定【上士幌】

 プログラミング教育を推進する十勝EdTech(エドテック)コンソーシアム(神山恵美子代表)と上士幌町教委は14日、連携協力協定を結んだ。エドテックに加盟する帯広コア学園が運営する帯広コア専門...

十勝毎日新聞

五輪でアイヌの舞を 開会式披露目指し練習【帯広】

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式でアイヌ古式舞踊を披露し、民族文化の発信を目指す取り組みが進んでいる。関係者は「平和の祭典で、アイヌ民族の世界観が平和主義と合致していること...