北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別テーマに9月公演、登別出身の津村さん所属劇団【登別】

9月に地元登別で公演を行う津村さん(前列左から2人目)ら

 登別出身の俳優・津村知与支さんが所属する劇団「道産子男闘呼倶楽部」が9月、登別市富士町の市民会館で、演劇公演を開催する。登別を舞台にした「雪虫」を披露する。津村さんは「登別をテーマにしており、たくさんの人に見てもらいたいですね」と話している。

 津村さんは室蘭栄高校から、舞台芸術学院に進学。1999年(平成11年)旗揚げの劇団「モダンスイマーズ」に参加。舞台のほか映画などで活躍している。2014年には、北海道出身者でつくる「道産子男闘呼倶楽部」を立ち上げ、活躍している。

 「雪虫」は、元自衛官の男性とその息子など、男女4人が織りなすストーリー。昨年、東京で公演を行っている。札幌でも開催予定だったが、胆振東部地震発生に伴い延期。今年公演を再開することから、舞台となった登別でも披露しようと、故郷への凱旋(がいせん)が決まった。津村さんの登別での演劇披露は、モダンスイマーズの公演(02年)以来。

 公演を通じて地域文化の振興を図るほか、胆振東部地震の被災地支援に向けて、募金活動も行う計画。趣旨に賛同した登別の有志が集い、実行委員会(佐藤克彦実行委員長)も発足した。

 29日に津村さんら10人が市役所を訪れ、小笠原春一市長に公演開催の報告をした。小笠原市長は「市内小中学校で演劇のワークショップを開催するのもいいですね」と述べた。津村さんは「若い人にも見てもらいたい作品。今後も定期的に登別で公演ができれば」と話した。

関連記事

函館新聞

秋の夜空に3000発 市内4カ所で函館合同花火【函館】

 地域の明るい未来と疫病退散への願いを込めた「函館合同花火2020~未来への希望の光」(函館青年会議所、函館新聞社共催)が19日夜に行われた。函館市内の4カ所から、20分間で計3000発の花火が...

函館新聞

本町交差点周辺でまちなかオープンテラス始まる【函館】

 函館市本町・五稜郭エリアににぎわいを創出する「五稜郭まちなかオープンテラス」(実行委主催)が19日、本町交差点周辺で始まった。「3密」を防ごうと路面店が歩道にテラス席を用意し客が飲食を楽しんだ...

根室新聞

北の勝 札幌国税局鑑定官が出来栄え確認【根室】

 根室の地酒「北の勝」の醸造元、碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)で18日、昨年10月から仕込みを開始して夏を越した原酒の熟成具合などを見る恒例の「呑切り」が行われ、札幌国税局の鑑定官らが試飲し...

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。  今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新...

苫小牧民報

コロナの影響受けず 来春採用は例年並み-苫小牧市内自動車部品製造大手

 苫小牧市内の自動車部品製造大手は、2021年春の新卒採用を例年通りの規模で実施する計画だ。新型コロナウイルス感染拡大による打撃を受けたが、各社は「採用にコロナの影響はない。中長期的視点で人材を確...