北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

迂回ルート通行開始、有珠山噴火から19年【壮瞥】

有珠山を背景に開通した道道洞爺公園洞爺線の新ルート=壮瞥町滝之町

 有珠山が2000年(平成12年)に、23年ぶりに噴火してからあす31日で丸19年。壮瞥町では、高温の火山灰などが斜面を流れ下る火砕サージの到達予想範囲を迂回(うかい)する道道洞爺公園洞爺線の新ルートが29日午前、開通し一般車両の通行が始まった。

 新ルートは、ハザードマップで明示した火砕サージの到達予想範囲を避け、町内東湖畔から南東側に向けて東湖畔トンネル(全長463メートル)を掘り、滝之町で国道453号と接続する片側1車線の全長1550メートル。26日には町主催の式典があり、関係者が完成を祝った。

 00年噴火では、道央と道南を結ぶ主要路が広範囲で長期にわたり寸断。後志方面などに大きな迂回を余儀なくされた。伊達市―豊浦町間は最大で5時間を要し、住民生活をはじめ物流や観光に影響を及ぼした。このため火砕サージの到達予想範囲の外側に新路線を設定し、道が10年度に事業化した。

 気象庁が毎月発表している月間火山概況によると、有珠山の噴火警戒レベルは2月28日現在、「活火山であることに留意」を示す「1」だった。これまでのところ、噴火の兆候は見られない。ただ近年は、20~30年周期で噴火を繰り返し、常に噴火に対する備えは欠かせない。

 整備事業では、今回開通した区間のほかに、壮瞥町と伊達市を結ぶ道道滝之町伊達線の新ルートも22年度末の完成を目指し整備が進む。全面供用が始まると、伊達市―豊浦町間の所要時間は大幅に短縮される見通し。噴火で周辺道路が通行できなくなった場合の迂回路としての役割が期待されている。

関連記事

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...

苫小牧民報

大移動終え、D51お披露目 道の駅併設の鉄道資料館にファンら-安平

 安平町が誇る蒸気機関車(SL)「D51―320号機」の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」(同町追分)に併設する鉄道資料館への設置作業が14日に完了し、一般にお披露目された。多くの町民...

苫小牧民報

障害者の就労支援に 使用済み水道メーター、福祉施設に作業委託-苫小牧市

 苫小牧市は、これまで専門事業者に売却していた使用済み水道メーターについて、今月から分解と選別作業を市内の福祉事業所11施設に委託した。リサイクル活用と障害者の就労支援につなげるのが狙い。各事業...