北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

迂回ルート通行開始、有珠山噴火から19年【壮瞥】

有珠山を背景に開通した道道洞爺公園洞爺線の新ルート=壮瞥町滝之町

 有珠山が2000年(平成12年)に、23年ぶりに噴火してからあす31日で丸19年。壮瞥町では、高温の火山灰などが斜面を流れ下る火砕サージの到達予想範囲を迂回(うかい)する道道洞爺公園洞爺線の新ルートが29日午前、開通し一般車両の通行が始まった。

 新ルートは、ハザードマップで明示した火砕サージの到達予想範囲を避け、町内東湖畔から南東側に向けて東湖畔トンネル(全長463メートル)を掘り、滝之町で国道453号と接続する片側1車線の全長1550メートル。26日には町主催の式典があり、関係者が完成を祝った。

 00年噴火では、道央と道南を結ぶ主要路が広範囲で長期にわたり寸断。後志方面などに大きな迂回を余儀なくされた。伊達市―豊浦町間は最大で5時間を要し、住民生活をはじめ物流や観光に影響を及ぼした。このため火砕サージの到達予想範囲の外側に新路線を設定し、道が10年度に事業化した。

 気象庁が毎月発表している月間火山概況によると、有珠山の噴火警戒レベルは2月28日現在、「活火山であることに留意」を示す「1」だった。これまでのところ、噴火の兆候は見られない。ただ近年は、20~30年周期で噴火を繰り返し、常に噴火に対する備えは欠かせない。

 整備事業では、今回開通した区間のほかに、壮瞥町と伊達市を結ぶ道道滝之町伊達線の新ルートも22年度末の完成を目指し整備が進む。全面供用が始まると、伊達市―豊浦町間の所要時間は大幅に短縮される見通し。噴火で周辺道路が通行できなくなった場合の迂回路としての役割が期待されている。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...