北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

採取体験など多彩に・4月21日に美深白樺樹液春まつり【美深】

イベントをPRしているポスター

 「第24回美深白樺樹液春まつり」が、4月21日午前10時から仁宇布のファームイン・トント前で開かれる。今年もシラカバ樹液の採取体験や自然観察、スノーモービル無料試乗など、さまざまなプログラムを用意している。

 美深白樺樹液を楽しむ会(成毛久則会長)が主催。美深町内では1989年(平成元年)からシラカバ樹液飲料を生産、販売しており、樹液の商品化や研究開発によってシラカバの潜在価値を高め、北海道の優良樹木として脚光を浴びている。

 95年に美深町内で開かれた世界初の「国際樹液サミット」(以降5年ごとに開催)を契機に、樹液飲料発祥の地「美深」を全国にPRしながら、シラカバ樹液の素晴らしさを知ってもらおう―と翌96年から同まつりを毎年開催している。

 日程は午前10時から山の神に感謝するアイヌの伝統儀式「カムイノミ」でスタート。10時40分からシラカバ樹液の採取体験で、今年初めての樹液を味わえるとともに、幹に穴を開ける作業も体験可能。防寒と冬靴の準備を。なお、樹液の持ち帰りはできない。

 その他にも多彩なプログラムが用意しており、カンジキ散策ルートで冬の自然観察(先着40人、参加賞あり)、樹液にまつわる講話、スノーモービル無料試乗、早春たこ揚げ大会、羊毛フェルト作品販売、上川総合振興局北部森林室展示コーナー、樹液茶・樹液コーヒー試飲コーナー、春掘りジャガイモ1000円詰め放題コーナー、シラカバ樹液入りガレット(菓子)、樹液まつり限定「つぶつぶご飯のヘルシー丼」、焼き菓子と温かい食べ物、美深ライオンズクラブ綿あめ売店、アイヌグッズ販売、美深町観光協会販売コーナーを設ける。

関連記事

室蘭民報

1日市制施行50周年 記念事業次々開催 ビースマイルCF開始【登別】

親子ドライブインシアター/市内の学校で鬼花火予定  登別市はきょう1日、市制施行50周年を迎える。予定していた式典や事業は、新型コロナウイルス感染症で延期や中止となったが、代替事業として未来の...

室蘭民報

需要減の道産花PR、胆振総合振興局 アレンジメント展始まる【室蘭】

 北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントの展示会(主催・北海道花き振興協議会、道)が、胆振総合振興局1階ロビー(室蘭市海岸町、むろらん広域センタービル)で28日から始まった。新型コロナウイ...

室蘭民報

7月豪雨被災地、支援しよう あす31日、チャリティービール祭り【登別】

 登別中央飲食店組合、登別中央商店会主催の第5回チャリティービール祭りが30、31の両日、登別市中央町のらいば公園を会場に行われる。7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県などを支援。新型コロナウイ...

室蘭民報

だんパラで9月にキャンプイベント 体験教室、飲食提供も【室蘭】

コロナ時代見据え初試み  室蘭のだんパラ公園(神代町)で今秋、キャンプと体験型コンテンツを楽しむ1泊2日のイベントが初開催される。市と市民有志による実行委主催、登山用品の秀岳荘(札幌)などが協力...

十勝毎日新聞

フードバレー「オンライン」マラソン 参加無料【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった「フードバレーとかちマラソン」の実行委員会(火ノ川好信実行委員長)は、代替大会となるスマートフォン(スマホ)アプリを活用したオンラインマラソンについ...