北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

開湯100年の変遷感じて ぬかびら源泉郷で写真展【上士幌】

昭和の町並みなどが紹介されている写真展

 ぬかびら源泉郷が今年で開湯100周年を迎えることを記念した写真展が、ひがし大雪自然館で開かれている。ダム建設特需や旧国鉄士幌線の利用客らでにぎわう昭和時代の町並みなどを紹介している。31日まで。

 同源泉郷の宿泊施設などでつくる実行委が企画。

 1955年の糠平ダム完成以降、ぬかびら地区はダムの見学ツアーなどで訪れる観光客でにぎわった。国道沿いにずらりと並ぶ土産店や士幌線終点の糠平駅などの写真があり、「売り上げを数える暇もなく、お札を足で一斗缶に押し込んだ」といったエピソードも紹介されている。

 このほか、現在の中央園地に隣接していた旧大雪グランドホテルや、糠平湖を周遊する遊覧船、湖上でウインドサーフィンを楽しむ観光客の様子も見ることができる。

 写真は昭和初期から後期のものまであり、同館の乙幡康之さんは「服装や流行など時代の変遷を感じつつ楽しんでもらえれば」と呼び掛けている。4月からは町生涯学習センターでも展示される予定。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス