北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

開湯100年の変遷感じて ぬかびら源泉郷で写真展【上士幌】

昭和の町並みなどが紹介されている写真展

 ぬかびら源泉郷が今年で開湯100周年を迎えることを記念した写真展が、ひがし大雪自然館で開かれている。ダム建設特需や旧国鉄士幌線の利用客らでにぎわう昭和時代の町並みなどを紹介している。31日まで。

 同源泉郷の宿泊施設などでつくる実行委が企画。

 1955年の糠平ダム完成以降、ぬかびら地区はダムの見学ツアーなどで訪れる観光客でにぎわった。国道沿いにずらりと並ぶ土産店や士幌線終点の糠平駅などの写真があり、「売り上げを数える暇もなく、お札を足で一斗缶に押し込んだ」といったエピソードも紹介されている。

 このほか、現在の中央園地に隣接していた旧大雪グランドホテルや、糠平湖を周遊する遊覧船、湖上でウインドサーフィンを楽しむ観光客の様子も見ることができる。

 写真は昭和初期から後期のものまであり、同館の乙幡康之さんは「服装や流行など時代の変遷を感じつつ楽しんでもらえれば」と呼び掛けている。4月からは町生涯学習センターでも展示される予定。

関連記事

根室新聞

地元ビッグバンドEPJO サッポロ・シティ・ジャズ出演決まる【根室】

世界的トランぺッター 日野皓正さんと共演  根室のアマチュアビッグバンドEPJOが、10月に札幌文化芸術劇場hitaru(ヒタル)で開かれるサッポロ・シティ・ジャズ2020のシアター・ジャズ...

根室新聞

議会のICT化に研修 タブレット端末の活用など【根室】

 議会改革を進める根室市議会(本田俊治議長)は、議会活動のICT化に向けた研修会を7日午後1時半から議場で開いた。研修会では「タブレット端末を利用した議会活動について」と題し、ペーパーレス議会...

苫小牧民報

まちのシンボル住民票に 雪だるまデザイン無料交付31日まで-安平

 安平町は11日から、町のシンボル「雪だるま」の特別住民票の無料交付をスタートした。今年は、雪だるまが夏のアクティビティーでもあるキャンプを楽しむというユニークなデザインとなっている。交付期間は...

苫小牧民報

道9区次期衆院選候補に松橋氏 共産苫小牧地区委

 共産党苫小牧地区委員会は11日、次期衆院選道9区(胆振、日高管内)に、党北海道委員会委員の松橋千春氏(38)を党公認候補として擁立すると発表した。  松橋氏は同日、苫小牧市見山町の同委員会事...

苫小牧民報

ウポポイ開業1カ月。来場3万5000人 博物館4割見学せず、入館制限の影..

 国がアイヌ文化の復興と発信の拠点として白老町のポロト湖畔に整備した民族共生象徴空間(ウポポイ)は、12日で開業1カ月を迎えた。アイヌ民族をテーマにした初の国立博物館を中核とした施設の来場者は、...