北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

唯一の日曜 訴え熱く 道議選市区4候補【帯広】

商業施設前で支持を訴える候補(帯広市内西18南27付近)=写真を一部加工しています

 道議選帯広市区(定数3)は31日、選挙運動期間中最初で最後の日曜を迎えた。清水拓也氏(44)=自民・現=、共産党十勝道政事務所長の佐々木とし子氏(64)=共産・新=、元帯広市議の村田光成氏(51)=自民・新=、三津丈夫氏(73)=立憲民主・現=の4候補が朝から、休日でにぎわう商業施設前などで遊説を繰り広げ、道行く市民に支持を訴えた。投開票は道知事選と同じ4月7日。(届け出順)

 清水氏は午前8時に遊説を開始し、途中、企業の朝礼などに参加。道知事選候補の鈴木直道氏をたたえつつ、自身の若さもアピールした。選対幹部は低調なムードに危機感を抱き、「多くの人に直接思いを伝えることに注力している」。午後には街頭演説も行い、午後6時から豊成福祉センターで個人演説会を開く。

 佐々木氏は午前8時すぎ、柏林台団地での街頭演説からスタート。早朝とあって表に出る人は少数だが、団地から手を振る住人も。その後もスーパー、公共施設前などでマイクを握った。「車に乗っている人も声を掛けるとチラシを受け取ってくれる」と陣営関係者は手応えを語る。同日夜は稲田地区で街頭に立つ。

 村田氏は地盤の西帯広地区を出発し、選挙カーから手を振って有権者にPR。合間に企業を回り、支持を呼び掛けた。正午から夕方までスーパーなど5カ所で街頭演説。陣営幹部は「知名度の低さが課題。顔と名前を知ってもらうために地道に回る」と話す。午後6時半からは西帯広コミセンで個人演説会に臨む。

 三津氏は10分刻みでスーパーなどでの街頭演説を実施。自然エネルギー活用やJR路線問題、カジノ誘致反対など、道知事選候補の石川知裕氏の主張を代弁した。陣営幹部は「石川氏を勝たせるため、『もう1人の石川』の気持ちで動いている」と話す。午後6時半から緑ヶ丘福祉センターで個人演説会を開く予定。

関連記事

根室新聞

不用のカレンダー集め リサイクル市にぎわう【根室】

 ねむろ図書館友の会(高僧良子会長)の「第14回カレンダー・リサイクル市」が25日、市図書館2階の集会室で始まり、好みのカレンダーを求める市民でにぎわいを見せている。26日も午前10時から午後...

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...