北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

唯一の日曜 訴え熱く 道議選市区4候補【帯広】

商業施設前で支持を訴える候補(帯広市内西18南27付近)=写真を一部加工しています

 道議選帯広市区(定数3)は31日、選挙運動期間中最初で最後の日曜を迎えた。清水拓也氏(44)=自民・現=、共産党十勝道政事務所長の佐々木とし子氏(64)=共産・新=、元帯広市議の村田光成氏(51)=自民・新=、三津丈夫氏(73)=立憲民主・現=の4候補が朝から、休日でにぎわう商業施設前などで遊説を繰り広げ、道行く市民に支持を訴えた。投開票は道知事選と同じ4月7日。(届け出順)

 清水氏は午前8時に遊説を開始し、途中、企業の朝礼などに参加。道知事選候補の鈴木直道氏をたたえつつ、自身の若さもアピールした。選対幹部は低調なムードに危機感を抱き、「多くの人に直接思いを伝えることに注力している」。午後には街頭演説も行い、午後6時から豊成福祉センターで個人演説会を開く。

 佐々木氏は午前8時すぎ、柏林台団地での街頭演説からスタート。早朝とあって表に出る人は少数だが、団地から手を振る住人も。その後もスーパー、公共施設前などでマイクを握った。「車に乗っている人も声を掛けるとチラシを受け取ってくれる」と陣営関係者は手応えを語る。同日夜は稲田地区で街頭に立つ。

 村田氏は地盤の西帯広地区を出発し、選挙カーから手を振って有権者にPR。合間に企業を回り、支持を呼び掛けた。正午から夕方までスーパーなど5カ所で街頭演説。陣営幹部は「知名度の低さが課題。顔と名前を知ってもらうために地道に回る」と話す。午後6時半からは西帯広コミセンで個人演説会に臨む。

 三津氏は10分刻みでスーパーなどでの街頭演説を実施。自然エネルギー活用やJR路線問題、カジノ誘致反対など、道知事選候補の石川知裕氏の主張を代弁した。陣営幹部は「石川氏を勝たせるため、『もう1人の石川』の気持ちで動いている」と話す。午後6時半から緑ヶ丘福祉センターで個人演説会を開く予定。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...