北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

唯一の日曜 訴え熱く 道議選市区4候補【帯広】

商業施設前で支持を訴える候補(帯広市内西18南27付近)=写真を一部加工しています

 道議選帯広市区(定数3)は31日、選挙運動期間中最初で最後の日曜を迎えた。清水拓也氏(44)=自民・現=、共産党十勝道政事務所長の佐々木とし子氏(64)=共産・新=、元帯広市議の村田光成氏(51)=自民・新=、三津丈夫氏(73)=立憲民主・現=の4候補が朝から、休日でにぎわう商業施設前などで遊説を繰り広げ、道行く市民に支持を訴えた。投開票は道知事選と同じ4月7日。(届け出順)

 清水氏は午前8時に遊説を開始し、途中、企業の朝礼などに参加。道知事選候補の鈴木直道氏をたたえつつ、自身の若さもアピールした。選対幹部は低調なムードに危機感を抱き、「多くの人に直接思いを伝えることに注力している」。午後には街頭演説も行い、午後6時から豊成福祉センターで個人演説会を開く。

 佐々木氏は午前8時すぎ、柏林台団地での街頭演説からスタート。早朝とあって表に出る人は少数だが、団地から手を振る住人も。その後もスーパー、公共施設前などでマイクを握った。「車に乗っている人も声を掛けるとチラシを受け取ってくれる」と陣営関係者は手応えを語る。同日夜は稲田地区で街頭に立つ。

 村田氏は地盤の西帯広地区を出発し、選挙カーから手を振って有権者にPR。合間に企業を回り、支持を呼び掛けた。正午から夕方までスーパーなど5カ所で街頭演説。陣営幹部は「知名度の低さが課題。顔と名前を知ってもらうために地道に回る」と話す。午後6時半からは西帯広コミセンで個人演説会に臨む。

 三津氏は10分刻みでスーパーなどでの街頭演説を実施。自然エネルギー活用やJR路線問題、カジノ誘致反対など、道知事選候補の石川知裕氏の主張を代弁した。陣営幹部は「石川氏を勝たせるため、『もう1人の石川』の気持ちで動いている」と話す。午後6時半から緑ヶ丘福祉センターで個人演説会を開く予定。

関連記事

苫小牧民報

防災考える機会に 小中教職員が胆振東部地震の土砂崩れ現場を視察-厚真

 厚真町の小中学校の教職員を対象にした防災学習の研修会が6日、町内で開かれた。2018年9月に発生した胆振東部地震で、大きな土砂崩れに見舞われた幌内地区の厚真川水系日高幌内川の現場などを視察した...

苫小牧民報

今季第1号!きれいなイケメンザケ 千歳水族館水中窓で観察

 千歳川の川底を見ることができる千歳市花園2の「サケのふるさと千歳水族館」の水中観察窓で6日、今季第1号となるシロザケを確認した。  この日午前11時30分ごろ、入館者が発見し、駆け付けた同館...

日高報知新聞

50%お得な商品券発行【新ひだか】

【新ひだか】町商工会(河原秀幸会長)は、新型コロナウイルス感染症の影響がさまざまな分野に広がり地域の下支えが必要なことから、地域経済を循環させ活性化を図ることを目的に、50%お得な「新ひだか町プレミ...

日高報知新聞

瓶詰日本酒 海底で2カ月熟成【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協や新ひだか観光協会などで組織する「新ひだか町地酒づくり協議会」(会長・佐藤雅裕観光協会長)はこのほど、海底に約2カ月間貯蔵した日本酒「海桜丸(かいおうまる)」(瓶詰720㍉...

室蘭民報

モデル地区に「白鳥大橋」 国交省「インフラツーリズム」に道内初の選定【室..

「稼ぐ観光」へ弾み  ダムや発電所など大型公共施設を観光資源として活用しようと、国土交通省が進める「インフラツーリズム 魅力倍増プロジェクト」のモデル地区に道内で初めて室蘭市の白鳥大橋が選ばれ...