北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「いいね」も伸びるチーズハットグ 3日開店【帯広】

一口かじるとチーズが伸びる「チーズハットグ」

 JR帯広駅のエスタ帯広西館に3日、韓国式アメリカンドッグ・チーズハットグを販売する「チーズハットグ田舎村」がオープンする。駅内のにぎわいづくりにつながると期待される。

 チーズハットグはアメリカンドッグの生地の中にチーズが入っており、チーズが伸びる様子から「SNS映えする」と人気を集めている。

 不二屋(帯広、大野勝司社長)が運営。同社は西館で小売店「サーモン館フジヤ」も展開している。「テレビなどで話題になっているのを見て、帯広でも販売できないか」と、出店を決めた。

 チーズハットグはレギュラー(400円)、コーン(450円)、ポテト(同)の3種類。十勝産牛乳を使用したタピオカドリンク各種(300円)なども販売する。

 常駐するスタッフは3人で、テークアウト専門。曜日に応じて「部活応援割」「シニア割」「外国人割」などユニークな割引も設定する。

 JR北海道開発事業本部は「新たな層の来館につながり、施設がにぎやかになることを期待したい」としている。同店の営業時間は午前11時~午後7時。

関連記事

室蘭民報

中井英策商店で「キンキのいずし」の製造が大詰め【伊達】

 師走に入り、中井英策商店(伊達市南稀府町、及川昌弘代表取締役社長)で、「キンキのいずし」の製造が大詰めを迎えている。伊達市の名産とあって、従業員が彩り鮮やかに詰め込んでいる。  同社はハタハ...

十勝毎日新聞

十勝ワイン新酒 豪快に 楽しむ会【帯広】

 「帯広・十勝ワインを楽しむ会」が1日、帯広市内のとかち館で開かれた。愛好家ら54人が参加。11月30日に解禁になったばかりの十勝ワインヌーボ2019を中心に、ワインと料理を楽しんだ。  同会...

室蘭民報

スイーツいかが…「うずらプリン」の製造がピーク【室蘭】

 室蘭うずら園(三浦忠雄代表取締役)の人気商品「室蘭うずらのプリン」が、歳末商戦向けに製造がピークを迎えている。室蘭市石川町の同社工場内は、甘い香りに包まれている。  同プリンは、餌を工夫して...

室蘭民報

くじら食堂看板メニューの「やきとり弁当」が1万食達成【室蘭】

販売半年、大ヒット  道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)の飲食スペースに出店している、くじら食堂の看板メニュー「室蘭やきとり弁当」(税込670円)が、販売開始から半年で1万食を達成した。同食堂を運...

室蘭民報

年越しそば手打ちで…“道場主”らが指導【室蘭】

 西胆振のそば打ち愛好家による登別蕎麦(そば)道場(中山満晴代表)の「手打ちそば体験講座」が1日、室蘭市港北町のサンライフ室蘭で開かれ、市民ら11人が年越しに向けてそば打ちの習得に励んだ。  ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス