北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

緊急メッセージ発表

浦河町役場ロビーに緊急メッセージを掲示する和田課長(右)と川端交通課長(左)

 18日に浦河町内で発生した死亡交通事故を受け、浦河町と浦河警察署、交通安全2団体の4者連名で24日、交通死亡事故防止に向けた「緊急メッセージ」を発表した。同メッセージでは「これ以上交通事故の犠牲者が増えることがないよう、事故防止の機運を盛り上げ、交通事故のない安全で安心な浦河町の実現」を全町民に呼び掛けている。

 18日夕方に西舎の国道236号で発生した死亡事故は、町道との交差点で出合い頭による車両同士の衝突で、町職員の52歳の女性保育士が亡くなっている。この死亡事故で、町内の死亡交通事故ゼロは690日でストップした。

 池田拓町長と浦河署の関一幸署長、町交通安全協会の松本正美会長、浦河地区安全運転管理者協会の武田豊会長連名の緊急メッセージでは、特に車を運転する人に向け①一時停止の標識がある場所では確実に一旦停止し、左右の安全確認②スピードダウンを励行し、すべての座席でシートベルト着用③うっかり、ぼんやり運転を防止し、危険を予測した防衛運転に努める④昼間からライト点灯のデイ・ライトを実践―の4項目で安全運転を促している。

 24日に町の和田修町民課長と浦河署の川端瑞希地域・交通課長が、役場1階ロビーに緊急メッセージを掲示した。

 また、町広報8月号の折り込みでメッセージを全戸配布するほか、町と浦河署のホームページにも掲載し、町民に交通安全意識の高揚に協力を求める。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...