北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

十勝産ゴボウの焙煎だしをPRする(左から)代表の石王さん、安田さん、安田さんの夫の涼さん、吉田さん

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使った焙煎(ばいせん)だしを開発、販売を開始した。ベジフードの提案や普及を目指しており、代表の石王洋美さんは「今後は飲食店のベジメニューと認証する『ベジマーク』事業の実施も考えている」と話している。

 とかち・イノベーション・プログラム(帯信金など主催)の参加者が昨年立ち上げたプロジェクト。メンバーには、ベジタリアンの安田和美さん(上士幌)も参加している。

 フードバレーを掲げる十勝で、食のマイノリティーでも質の高い食を味わえる体制をつくるのが狙い。昨年夏にはベジ料理の試食会を開いた。

 だしは料理の基本・土台となるが、「困っている人や飲食店は多い」(石王さん)とし、ゴボウを材料に開発した。熱湯を入れて2、3分蒸らすだけで使える。珈琲専科ヨシダ(帯広)に製造を委託。30グラム入りで780円。3月から本格的に販売を開始した。飲食店「蕎麦人」(帯広市西10南34)で購入でき、今後、販路を広げる。

 監修した蕎麦人を経営する吉田武馬さんは「料理人としてベジ料理を作ろうと思っても(だしを)身近で購入できる場所がなく、困っていた。完成度が高く、煮物や汁物の味が引き立つ」とPRする。

 第2弾となる別の野菜の焙煎だしも開発中。ベジタリアン向けのメニューを提供する飲食店を紹介するマップも作成する考え。問い合わせは蕎麦人(0155・47・4190)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演【十勝】

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

室蘭民報

白老アイヌ協会が第一弾事業のカフェオープン【白老】

 一般社団法人格を今年5月に取得した白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、法人としての第1弾事業として「かふぇピラサレ」(アイヌ語で広げようの意味)を白老町コミュニティセンター1階にオープンさせた...

室蘭民報

幼稚園児がにっこり笑顔で「えったま収穫体験」【伊達】

 伊達市産越冬タマネギ「えったま333」の収穫体験が25日、伊達市上館山町のえったま共同圃場で開かれた。伊達幼稚園(河野美文園長)の園児たちが、真剣な表情で作業に当たっていた。  生産農家らで...

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...