北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

十勝産ゴボウの焙煎だしをPRする(左から)代表の石王さん、安田さん、安田さんの夫の涼さん、吉田さん

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使った焙煎(ばいせん)だしを開発、販売を開始した。ベジフードの提案や普及を目指しており、代表の石王洋美さんは「今後は飲食店のベジメニューと認証する『ベジマーク』事業の実施も考えている」と話している。

 とかち・イノベーション・プログラム(帯信金など主催)の参加者が昨年立ち上げたプロジェクト。メンバーには、ベジタリアンの安田和美さん(上士幌)も参加している。

 フードバレーを掲げる十勝で、食のマイノリティーでも質の高い食を味わえる体制をつくるのが狙い。昨年夏にはベジ料理の試食会を開いた。

 だしは料理の基本・土台となるが、「困っている人や飲食店は多い」(石王さん)とし、ゴボウを材料に開発した。熱湯を入れて2、3分蒸らすだけで使える。珈琲専科ヨシダ(帯広)に製造を委託。30グラム入りで780円。3月から本格的に販売を開始した。飲食店「蕎麦人」(帯広市西10南34)で購入でき、今後、販路を広げる。

 監修した蕎麦人を経営する吉田武馬さんは「料理人としてベジ料理を作ろうと思っても(だしを)身近で購入できる場所がなく、困っていた。完成度が高く、煮物や汁物の味が引き立つ」とPRする。

 第2弾となる別の野菜の焙煎だしも開発中。ベジタリアン向けのメニューを提供する飲食店を紹介するマップも作成する考え。問い合わせは蕎麦人(0155・47・4190)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

「いいね」も伸びるチーズハットグ 3日開店【帯広】

 JR帯広駅のエスタ帯広西館に3日、韓国式アメリカンドッグ・チーズハットグを販売する「チーズハットグ田舎村」がオープンする。駅内のにぎわいづくりにつながると期待される。  チーズハットグはア...

名寄新聞

きょうから数量限定販売・「星空雪見法蓮草」の大福【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、寒締めホウレンソウ「なよろ星空雪見法蓮草」のペーストを餅に練り込んだ大福を、30日から数量限定で発売。ホウレンソウとバター風味のあんが...

十勝毎日新聞

“幻のブドウ” 限定「十勝ブランデー」に【池田】

 大冷害でブドウが不作だったため十勝ワインの仕込みを諦めた1993年産の“幻のブドウ”を原料にした十勝ブランデー原酒が四半世紀の樽(たる)熟成を経て「清見1993」(アルコール度数60%、375ミリ...