北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新品種へ 大豆に一足早い秋 十勝農試【芽室】

十勝農試の温室で実った大豆

 豆などの新品種を開発する道総研十勝農業試験場の温室で大豆が実り始めた。屋外はまだ肌寒さが残るが、すでに秋ごろの光景が広がっている。

 十勝農試では人工交配でできた品種の種を早く増やすために温室を活用する。畑の場合は5月末~9月末で栽培するが、温室では1月に育て始めて5月には収穫してしまう。得られた種は、その年のうちに畑にまいてさらに増やすため、1年に2度栽培でき、種の増殖期間を短縮できる。その後も数世代育てて狙った性質を持ったものを選抜し、新品種を生み出す。

 温室は暖房も活用し、冬でもおおむね20度以上になるよう管理している。昼間の短さを補うために照明設備も欠かせない。現在の大豆の開発では、収量の安定性と豆腐などへの加工適性に主眼が置かれているという。

 新品種ができるには10年程度かかると言われる。十勝農試研究部大豆グループの小林聡研究主任は「生産者や食べる人に喜ばれる品種をつくりたい」と話している。

関連記事

室蘭民報

客船オーシャン・ドリームが初入港し市民らと交流【室蘭】

 ピースボートクルーズ所属の客船オーシャン・ドリーム(3万5265トン)が19日午前、室蘭港中央埠頭旅客船バースに初入港した。船内では地元の団体と乗船客の交流が行われ、広島の原爆投下により被爆...

室蘭民報

今年度末で解散する室蘭大沢FCがサッカー道大会で優勝【室蘭】

 2019年度末で解散する少年サッカーチーム「室蘭大沢FC U―12」(池田和弘監督)が7月27日から4日間、栗山町のふじスポーツ広場で開かれた全道大会「フジパングループプレゼンツ2019ロバパン...

室蘭民報

天文同好会の田中会長が全国協議会会長賞を受賞【壮瞥】

 壮瞥天文同好会の田中文夫会長(71)=壮瞥町滝之町=は、第31回「星空の街・あおぞらの街」全国大会in弟子屈町で、全国協議会会長賞の個人賞を受賞した。天体観測施設「森と木の里センター」(壮瞥町...

室蘭民報

登別出身俳優・津村さんが9月5日に道出身者による公演【登別】

 登別市出身の俳優・津村知与支さんが出演する公演が9月5日、富士町の市民会館で行われる。津村さんは「老若男女問わずどの世代が見ても、人間が持つユーモラスや切なさを感じ取ることができる内容です」と...

室蘭民報

広域ビル10周年祝う「ビルまつり」が22日に開催【室蘭】

 第9回むろらん広域センタービルまつり(室蘭商工会議所など主催)が22日、室蘭市海岸町の同センタービル玄関前広場と1階道民ホールを会場に開催される。ビアガーデンや露店10店が並び抽選会を予定。2...