北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新品種へ 大豆に一足早い秋 十勝農試【芽室】

十勝農試の温室で実った大豆

 豆などの新品種を開発する道総研十勝農業試験場の温室で大豆が実り始めた。屋外はまだ肌寒さが残るが、すでに秋ごろの光景が広がっている。

 十勝農試では人工交配でできた品種の種を早く増やすために温室を活用する。畑の場合は5月末~9月末で栽培するが、温室では1月に育て始めて5月には収穫してしまう。得られた種は、その年のうちに畑にまいてさらに増やすため、1年に2度栽培でき、種の増殖期間を短縮できる。その後も数世代育てて狙った性質を持ったものを選抜し、新品種を生み出す。

 温室は暖房も活用し、冬でもおおむね20度以上になるよう管理している。昼間の短さを補うために照明設備も欠かせない。現在の大豆の開発では、収量の安定性と豆腐などへの加工適性に主眼が置かれているという。

 新品種ができるには10年程度かかると言われる。十勝農試研究部大豆グループの小林聡研究主任は「生産者や食べる人に喜ばれる品種をつくりたい」と話している。

関連記事

函館新聞

函館空襲で撃沈の駆逐艦「橘」慰霊祭/戦死者の冥福祈る【函館】

 1945(昭和20)年7月14日の函館空襲で戦没した駆逐艦「橘」の犠牲者を供養する慰霊祭が11日、函館護国神社(大橋幸生宮司)で行われた。同艦にゆかりのある人ら6人が参列し、冥福を祈った。 ...

函館新聞

津軽海峡北岸の縄文遺跡展始まる/市立函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町、函館公園内)の企画展「津軽海峡北岸の縄文遺跡」が11日、始まった。市内で発掘、収集された貴重な資料など約1300点を展示している。  市内の史跡、大船遺跡と垣ノ島遺...

根室新聞

新市庁舎 現職員駐車場に【根室】

 根室市役所庁舎建替検討委員会(山田康志委員長)が10日夜、市役所で開かれ、新庁舎の耐震システムについて建物を強化する耐震構造を採用し、新庁舎の建設位置を根室振興局側の現職員駐車場跡に南北に長...

苫小牧民報

アイヌ文化発信拠点いよいよ誕生 ウポポイ12日開業-白老

 新型コロナウイルスの影響で開業が遅れていた民族共生象徴空間(ウポポイ)が12日、白老町のポロト湖畔でいよいよオープンする。国立アイヌ民族博物館を中核施設に、伝統文化の復興と創造、発信のナショナ...

苫小牧民報

毛ガニ初水揚げ 初日は2.5トン-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)の毛ガニ籠漁は11日、苫小牧港漁港区で初水揚げされた。カニ籠漁業部会の全16隻が約2・5トンを漁獲し、1キロ当たりの卸値は「大」(10センチ以上)が7000...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス