北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯広出身、都内で接骨院経営の吉田さんドラマ出演【東京】

ドラマ「黒薔薇2」への出演を果たした吉田さん(右)と和泉監督

 女優の貫地谷しほりと俳優の岸谷五朗の刑事コンビによるドラマの第2弾「黒薔薇2~刑事課強行犯係 神木恭子」(テレビ朝日系、年内放送予定)に、都内などで接骨院を営む帯広出身の吉田政弘さん(52)が、刑事役で出演する。セリフこそなかったものの、1週間で20シーン以上を撮り終え「今から見るのが楽しみ」と放映を心待ちにしている。

 吉田さんは帯広豊成小、帯広第四中、東海大第四高(札幌)、北海道柔道整復専門学校(同)卒。現在札幌市、川崎市、世田谷区三軒茶屋に接骨院を開いている。

 今回のきっかけは、ドラマの監督を務める和泉聖治氏とのつながり。和泉監督はドラマ「相棒」シリーズで知られる。吉田さんとは7、8年前にある俳優を通じて知り合い、意気投合。プライベートでの付き合いを続けている。

 吉田さんは以前「相棒」で、和泉監督の要請で刑事役として3秒間1シーンだけの出演も果たした。今回も和泉監督から「刑事役で出ろ」と声を掛けられた。

 また1シーンくらいと思いOKしたところ、セリフこそないものの、主演の岸谷さんとの2ショットや、夜勤の背景でカップラーメンを食べたり、同僚の肩をもむシーンなど、思った以上の登場機会に恵まれた。監督からは「『吉田、うまいな』と褒められた。『編集したら、ずいぶん出ている』と連絡もいただいた」と話す。

 昨年12月中に1週間、出演者やスタッフのボランティアマッサージ師としても活躍。現場で「臨時治療院」も開き、100人くらいにマッサージ。岸谷さんは気さくに話しかけてくれ、体のメンテナンスの仕方などを尋ねられたという。他にも俳優の川口覚さんからは「役作りの話を聞かせてもらった」という。

 和泉監督は厳しい人だが「現場の雰囲気は良く、和気あいあいだった」と吉田さん。撮影終了後、共演をきっかけに来院してくれる人も。「和泉監督の作品なら、機会をいただければまた出てみたい」と放映だけでなく、“俳優”としての次回オファーも楽しみにしている。

撮影現場でスタッフらにマッサージを施す吉田さん(左)

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...