北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新千歳、富裕層向けホテルの名称「ポルトム」に 2020年1月開業、道内最高級クラス

 新千歳空港ターミナルビルディングは4日、同社アネックスビルで記者会見を開き、同空港国際線ターミナルビル拡張に伴い建設中のホテルの名称を「ポルトムインターナショナル北海道」と発表した。茶室や美術品の展示スペースを設けた道内最高級クラスの「アートホテル」となり、最も格式の高いアッパースイートの1泊料金は50万円以上となる見込み。開業は2020年1月の予定で同社の永井誠一常務は「北海道を代表する唯一無二のホテルを目指す」と語った。

 建設事業費は160億円。運営は空港のエアターミナルホテルや新千歳空港温泉、千歳ステーションホテルを運営する碧雲堂ホテル&リゾート(千歳市)に委託する。1階は車寄せと玄関となり、国際線ターミナルビルに鉄筋コンクリート造りで増設した地上4~8階がホテルのフロント、客室部分になる。3階にある空港の出発ロビーともエスカレーターで接続。延べ床面積は2万872平方メートル。

 名前のポルトムは、「全ての人のための港」を意味するラテン語「ポルトゥス・オムニプス」にちなんだ。

 4階にはフロントや宿泊客以外も利用できるレストラン、カフェのほか、専門家が茶をたてる茶室に加え、日本の美術品の展示スペース、宿泊者専用の温泉やジムなどを設置する。

 客室は全部で171室。5~6階にはスーペリアルーム(43平方メートル)108室、7階にはジュニアスイート(63平方メートル)52室、8階にはポルトムスイート(同)8室、スイート(130平方メートル)2室、アッパースイート(250平方メートル)1室とバーを配置する。

 碧雲堂によると、料金や内装の詳細は検討中で、決まり次第公式ホームページで公開する。宿泊料金に関しては東京、京都の高級ホテルと同等となる見通しだ。

 同ホテルの建設工事は東京五輪、パラリンピックの開催(20年)などに伴う今後の国際線旅客増加に対応したターミナルビル拡張工事に併せて17年11月に開始していた。永井常務は「海外の富裕層からは快適で豪華なハイクラスホテルを望む声が多い」とし、「ニセコでも高級ホテル建設が相次いでいるものの、道央地区のハイクラスホテルは少ない。当社の施設でニーズの高まりに対応した」と説明した。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...