北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

ハピオで販売されている「ハピまんチーズ」

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店のプライベートブランド(PB)「HAPIO FOODS」(ハピオフーズ)の第2弾。

 「ハピまんチーズ」は、十勝産モッツァレラチーズやオランダなどヨーロッパのゴーダチーズなどをブレンドしたチーズを、十勝産小麦の皮で包んだオリジナル商品。

 同店と東洋食肉販売十勝事業部(帯広)が共同開発した。開発に当たったハピオ企画課の赤間宏課長は「ほんのり甘い皮の味とチーズのバランスを味わってほしい。伸びてこくがあるチーズの食感と風味を考え、十勝産をベースにブレンドした」とPRする。

 冷凍で販売しており、皿に移し、少量の水を付けてラップし、電子レンジで温める食べ方を提案している。1個298円。

 4日に300個限定で販売したところ、すぐに完売し、370個を追加販売するほどの人気だった。同店のほか、新千歳空港の売店でも販売している。今後、JA木野産小豆を使ったあんの商品も検討している。

 同店では7日まで、1日300個限定で販売し、8日以降は通常販売となる。

 ハピオフーズは「十勝の豊かな食生活を応援するハピオ」をコンセプトとしており、第1弾として、昨年12月から帯広のブランド牛「豊西牛」を使ったビーフカレー(レトルト商品)を、販売している。

関連記事

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

十勝毎日新聞

「いいね」も伸びるチーズハットグ 3日開店【帯広】

 JR帯広駅のエスタ帯広西館に3日、韓国式アメリカンドッグ・チーズハットグを販売する「チーズハットグ田舎村」がオープンする。駅内のにぎわいづくりにつながると期待される。  チーズハットグはア...

名寄新聞

きょうから数量限定販売・「星空雪見法蓮草」の大福【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、寒締めホウレンソウ「なよろ星空雪見法蓮草」のペーストを餅に練り込んだ大福を、30日から数量限定で発売。ホウレンソウとバター風味のあんが...

十勝毎日新聞

“幻のブドウ” 限定「十勝ブランデー」に【池田】

 大冷害でブドウが不作だったため十勝ワインの仕込みを諦めた1993年産の“幻のブドウ”を原料にした十勝ブランデー原酒が四半世紀の樽(たる)熟成を経て「清見1993」(アルコール度数60%、375ミリ...