北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

まちなかゾンビで活性化 帯商が新企画【帯広】

ソンビがまちなかの商店活性化の紹介をするユニークな動画を帯商が制作中(帯商提供、インデアンまちなか店)

 帯広商工会議所(高橋勝坦会頭)は新たに、市内中心部の商店情報を「ゾンビ」がPRするユニークな動画を制作し、「YouTube」などでインターネット配信する「帯広まちなかメディア配信プロジェクト」を始める。近く試作品が完成予定。インパクトある内容で閲覧を促し、商店街に注目してもらうのが狙いだ。

 帯商によると、中心部の歩行量は、平日夜の「北の屋台」周辺の好調さに支えられ、堅調に推移しているが、昼間はホコテンなどのイベント開催時を除けば減少傾向。広小路など商店街の空き店舗も多く、一過性ではない継続したにぎわい創出事業の展開が求められている。

 「ユーチューブは注目度も高く、全国の商店街が情報発信ツールとしてユニーク作品を制作して話題となった事例がいくつもある」と、敦賀光裕中心市街地活性化推進室長。新規事業創発の学びの場「とかち・イノベーションプログラム」(帯信金など主催)から昨年誕生した事業団体「十勝DEADspace」(米澤愛代表)が「ゾンビでまち(十勝)を元気にしたい」というコンセプトで活動していたことを知り、「ゾンビ動画」の制作を委託した。

 本格展開を前に、藤森商会(帯広)運営の「インデアンまちなか店」と、広小路の「カラサワ靴店」の協力を取り付け、今年に入りデモ作品2本を制作し、今月中旬に完成予定。ゾンビに扮(ふん)したメンバーが、インデアンの特徴である鍋を持ち込んでルーを購入できることや、「シューフィッター」資格者がいて軽やかシューズの販売に力を入れているカラサワ靴店の特徴などを紹介した各回2分程度の作品となる。

 帯商では所管する商業委員会などで作品を視聴してもらい、反応を見る。その後、市商店街振興組合連合会と連携し、紹介店を推薦してもらい、2019年度は8本程度の飲食・物販店のPR動画を制作する。1本8万円で予算を計上する考え。

関連記事

十勝毎日新聞

目指せ十勝ワインバイザー 26人が筆記や試飲【池田】

 十勝ワインの普及や愛飲者拡大を目的とする「第16回十勝ワインバイザー認定試験」(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所主催)が23日、町田園ホールで開かれた。  年1回実施。今回は神奈川県や愛知県など...

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...