北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

野村君が最年少合格 ジュニアプログラミング検定【帯広】

全国最年少でゴールドに合格し笑顔を見せる野村君。左はプログラミングで作成したアニメーション画面

 2020年から小学校でも必修化される「プログラミング」のスキルを測定・認証する「ジュニア・プログラミング検定」(サーティファイ情報処理能力認定委員会主催)で、帯広光南小学校3年の野村一護君(8)が、最上級の「ゴールド」に全国最年少で合格した。楽しみながらプログラミング技術を身に付けた野村君は「もっと極めたい」とさらなる高みを目指している。

 サーティファイは、ビジネス能力・技能に関する認定試験の開発や主催をする民間会社。1983年に始まった「情報処理技術者能力認定試験」や、ホームページ作成におけるスキルを測る「ホームページ制作能力認定試験」などがある。

 ジュニア・プログラミング検定は、プログラミングを組み立てる力を付け、その知識を土台とした創造力を養うことが狙い。国内外108カ所で随時受験でき、入門レベルの「エントリー」(4級)から、複数の条件を組み合わせた処理能力が求められる「ゴールド」(1級)までの4段階がある。

 このうちゴールドは、受験に年齢制限はないが、文章読解力も必要となるため、小学3年生(8歳)以上の受験が推奨されている。

 野村君は3月上旬に札幌で受験。プログラムを指定された通りに組み立てたり、誤った部分を修正する問題が出題され、結果はボーダーラインを大きく上回り合格。受験当時7歳だった野村君は、全国最年少でゴールドを手にした。

 昨年5月から帯広市内の子ども向けプログラミング教室「知恵の実」に通う。プログラミング教育のフリーソフト「Scratch(スクラッチ)」を使いこなし、アニメーションやゲームを作る野村君は「頭の中で考えたことを再現できるのが楽しい」と魅力を語る。

 最年少でのゴールド獲得にも「満点が取れなくて悔しい」とさらに上を目指す野村君。同教室の講師笹谷まゆみさんは「なかなかこの年代でゴールドは取れない。こういう子が大人になって世の中に出ていくのが楽しみ」と笑顔で語る。

 20年度から小学校で必修化される「プログラミング教育」。現在十勝管内の小学校でも、教諭の研修や試行授業が行われ、注目を集めている。学校で始まる授業も楽しみにしている野村君は「周りの友達にもプログラミングの良さや楽しさを知ってもらいたい」と目を輝かせた。

関連記事

函館新聞

三橋美智也さんの名曲歌い継ぐ 11月に古里北斗で【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身の歌手、故三橋美智也さん(1930―96年)の楽曲を、ゆかりのある歌手が歌う「三橋美智也ふるさとコンサート」(スマド、市かなでーる協会主催)が11月24日、総合文化...

函館新聞

「最後の武士達」円筒形1基目設置 土方「最期の地碑」近く【函館】

 戊辰戦争終結150周年記念事業実行委員会(中野豊会長)は15日、函館市総合福祉センター前の若松緑地内に土方歳三に関わる円筒形のモニュメントを設置した。若松町周辺には箱館戦争当時、一本木関門があ...

十勝毎日新聞

新鮮野菜求め列 市内サラダ館で「おはよう朝市」【帯広】

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

十勝毎日新聞

学校のPC授業支援 エドテック 町と協定【上士幌】

 プログラミング教育を推進する十勝EdTech(エドテック)コンソーシアム(神山恵美子代表)と上士幌町教委は14日、連携協力協定を結んだ。エドテックに加盟する帯広コア学園が運営する帯広コア専門...

十勝毎日新聞

五輪でアイヌの舞を 開会式披露目指し練習【帯広】

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式でアイヌ古式舞踊を披露し、民族文化の発信を目指す取り組みが進んでいる。関係者は「平和の祭典で、アイヌ民族の世界観が平和主義と合致していること...