北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

厚真町で家屋の公費解体始まる 胆振東部地震から7カ月

全壊判定で公費解体される厚真町新町の民家=6日午前9時15分ごろ

 昨年9月に発生し、今月6日で7カ月を迎えた胆振東部地震。大きな被害を受けた厚真町では、全半壊した被災家屋の撤去を行政が行う「公費解体」が6日から始まった。町の事前調査では370件の解体希望があったといい、所有者の申請を踏まえて年度内の作業を目指す考えだ。

 町内新町では、午前8時すぎに80代の女性が住んでいたという木造平屋建て住宅の解体に着手。重機が屋根や壁を崩しながら取り壊した。

 公費解体は廃棄物処理法に基づき、市町村と国が補助する形で被災家屋を解体する制度。厚真町では全壊の場合は全額公費負担とし、大規模半壊と半壊は町が半額を補助する。5日までの申請数は全壊127件、大規模半壊11件、半壊38件の計176件。解体は町内の建設業者12社に委託しており、今後は1カ月当たり1社2件のペースで進めていくという。

 町の公費解体申請は当初3月29日で終了したが、解体を迷っている被災者が多いことから10月末まで延長した。担当する町民福祉課災害廃棄物グループの木戸知二参事は「ホームページなどで周知していきたい」と話している。

 公費解体についてはむかわ町が221件の申請があり、3月29日までに122件が完了。安平町は127件の申請があるが、5日現在着手していない。担当課は「今月中には始めたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

吊り下げ装置からの落下事故【浦河】

 浦河労働基準監督署は、14日に日高管内の牧場で馬運車の箱(約1・8㌧)が門型の吊り下げ装置から落下し、作業員が死亡する事故が発生したことを受け、各町役場や浦河労働基準協会、日本中央競馬会日高育成牧...

日高報知新聞

運転免許を自主返納【新ひだか】

【新ひだか】運転免許自主返納に係る「ワンストップ窓口」が25日、町役場1階相談コーナーで開設された。静内警察署と静内地区交通安全協会、町、町交通安全協会などの共催。  静内警察署の窓口で、運転...

苫小牧民報

虎杖浜竹浦観光連合会が、アヨロ鼻灯台の周辺利用計画策定

 白老町の虎杖浜竹浦観光連合会(福田茂穂会長)は、虎杖浜にあるアヨロ鼻灯台の周辺利用計画(2019~23年度)を策定した。16年度に廃止された灯台や周辺区域を観光拠点として整備、活用の方向性を示...

十勝毎日新聞

フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演【十勝】

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

十勝毎日新聞

ハスカップ手に笑顔 収穫体験始まる【士幌】

 士幌町下居辺の果樹ほ場で24日、ハスカップ狩りが始まった。たわわに実ったみずみずしいハスカップを求め、初日から多くの人たちが訪れている。7月8日まで。  果樹ほ場は同地区の住民有志でつくる...