北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ブドウ苗木作り開始 ワイン醸造用に【池田】

育苗専用ポットに1本ずつ挿し木する作業員

 池田の春の風物詩の一つ、ワイン醸造用の苗木作りが町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)の敷地内にあるガラスハウス(町清見)で始まった。作業は10日ごろまで続けられる。

 同研究所の従業員ら15人が2日に作業を始めた。昨秋から冬にかけて剪定(せんてい)し、地下の苗木保管庫で越冬させた枝を使用。前の晩から水に浸しておいた約1.2メートルの枝をはさみで25センチほどに切りそろえ、地中に埋め込む側の枝の先に発根促進剤をつけて、育苗専用ポットに挿し木した。

 同研究所によると、管内では複数のワイナリー開設の動きがあり、今季は管内外からオーダーが入るなど、全道的に苗木は不足気味だという。同研究所では今季、町独自品種の「清見」「清舞」「山幸」を中心に試験栽培する苗木を含め10品種3万本を挿し木する予定。

 挿し木後は、育苗専用ポットの下に張り巡らせている電熱線で地温を25~30度に保つ。1~2週間後に萌芽(ほうが)し、苗木が20センチほど伸びるのを待ち、6月末ごろに隣接するビニールハウスに移植する。

 育ちが良好な苗木は来春にも販売されるほか定植する。

 同研究所の大堀泰樹製造課長は「来年以降もしっかり苗木を確保できるように育ってほしい」と話している。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...