北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

晩成社のバターに光 開拓精神「なつぞら」で紹介【十勝】

 11日放送のNHK連続テレビ小説「なつぞら」では、十勝開拓の祖と呼ばれる晩成社や、酪農の付加価値を高めるバター作りがストーリーに登場した。十勝関係者は、晩成社や先人の開拓精神に光が当たると歓迎している。

晩成社が使用した「マルセイバタ」のラベルを手にする大和田学芸員

 劇中で草刈正雄さん演じる柴田泰樹は、晩成社を訪ねて牛飼いを勧められたと説明。「バターチャーン」と呼ばれるたる状の道具を使い、ヒロイン奥原なつらが牛乳からバターを作り、ジャガイモと一緒に味わった。

 このストーリーは、事実に基づいている。依田勉三が率いた晩成社は1883(明治16)年に十勝に入植し、86年に大樹町生花地区に農場を開設。1905~18年にバター製造を行い、「マルセイバタ」の名前で販売した。10年には東京で販路を確保するなどバター事業は軌道に乗り、毎年2400~3000キロを製造した。森鴎外や夏目漱石ら著名人が愛用した東京の喫茶店「青木堂」でも使われた。

 ただ、第1次世界大戦の影響で牛の飼料価格が高騰、戦争特需による工場労働者の増加で人件費が上昇したこともあり、バター事業は終了した。

 晩成社は、土地の生産物を加工して東京などに輸送することを念頭に、畑作の他、酪農や牛肉販売に挑戦するなど開拓者精神を発揮した。1人で十勝に入植し、荒れ地を切り開いた柴田泰樹と姿が重なる。

 なつぞらで十勝時代風俗考証を担当する帯広百年記念館の大和田努学芸員(33)は「晩成社を含めた数々の挑戦や失敗が積み重なり、十勝は発展してきた。晩成社の存在がなつぞらのストーリーに生かされ、全国に紹介されるのはありがたい」と話す。

晩成社によるバター製造の様子(復刻版「十勝国産業写真帖」より)

関連記事

根室新聞

学校の先生がビデオ取材 コロナ対策で映像授業に【根室】

 成央小学校(小川一校長)の2年生の担任教諭2人が6日、根室海上保安部を訪問し、ビデオ取材を行った。新型コロナウイルス感染予防で子どもたちが職場見学ができないために行われたもので、撮影した映像...

根室新聞

市独自「中小企業等応援臨時助成金」受け付け延長【根室】

 根室市は6日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大対策で影響を受けた全業種を対象に、事業継続のため一律10万円を給付する根室市単独の緊急経済対策「中小企業等応援臨時助成金」の受け付けを今月末ま...

苫小牧民報

第62次南極地域観測隊 東胆振から2人参加

第62次南極地域観測隊の越冬隊員に東胆振から、苫小牧市澄川町の元小学校教員柴田和宏さん(45)=一般研究観測=と、安平町の元会社員久保木学さん(54)=野外観測支援=の2人が選ばれた。11月に...

苫小牧民報

ウポポイ 体験交流プログラムを再構築

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)は、新型コロナウイルス対策の一環で、体験交流プログラムを再構築した。工芸品の制作や楽器の演奏など「密」につながる体験の...

苫小牧民報

白老観光インフォメーションセンター 土産物食品の販売開始

 白老町の駅北観光商業ゾーン(ポロトミンタラ)にある観光インフォメーションセンターが土産物の食品の販売を始めた。物販コーナーにはシイタケ、たらこ、白老牛など地元食材を使用した加工食品や、アイヌ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス