北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

リングプル収集に奮闘 「清陵高で継続を」 江陵高生徒会【幕別】

伝統のリングプル収集を行った生徒会役員。(左から)朝倉委員長、阿部会長、神島副会長

 江陵高校(若宮栄校長)の生徒会は缶ジュースなどのリングプルを集め、車いすなどの介助用品に交換する活動を続けている。生徒会長の阿部美宙さん(3年)は「普段は捨ててしまうようなものが、困っている人に役立つものに換わることはすごいこと」と、生徒たちにさらなる協力を呼び掛けている。

 同校では二十数年前からボランティア部がリングプル回収のプロジェクトを実施。生徒会が活動を引き継ぐ形で現在まで続く「伝統」の奉仕活動だ。顧問の木村雄介教諭は「生徒たちが一生懸命集めた物で、やりがいもあったのでは」と話す。

 プロジェクトの当初から使われている、緑に着色しイメージキャラクター「ボラン太君」が描かれたドラム缶は、自動販売機のある玄関前に設置。ジュースなどを飲み終えた生徒はもちろん、同校を2001年度に卒業した野々村真也さん(町内在住)、教員OBの樋渡義彦さん(池田町在住)が協力を申し出て、それぞれが集めた大量のリングプルも持ち込まれている。

 この4年ほどで約100キロのリングプルが集まった。回収したリングプルは、野幌商店街(江別市)の有志でつくる非営利団体のリングプル再生ネットワーク「プルネット」に運ばれ、協賛社を通じて車いすなどに交換される。

 副会長の神島淳矢さん(3年)は「みんなの善意が集まった」と喜び、行事委員長の朝倉佳輝さん(2年)は「代々続いてきた活動で、今後も江陵の伝統として(新設の)清陵高でも引き継いでくれれば」と期待する。阿部会長は「自分は福祉科専攻ということもあり、介護する側にもいいことだと思う」と話している。

関連記事

室蘭民報

客船オーシャン・ドリームが初入港し市民らと交流【室蘭】

 ピースボートクルーズ所属の客船オーシャン・ドリーム(3万5265トン)が19日午前、室蘭港中央埠頭旅客船バースに初入港した。船内では地元の団体と乗船客の交流が行われ、広島の原爆投下により被爆...

室蘭民報

今年度末で解散する室蘭大沢FCがサッカー道大会で優勝【室蘭】

 2019年度末で解散する少年サッカーチーム「室蘭大沢FC U―12」(池田和弘監督)が7月27日から4日間、栗山町のふじスポーツ広場で開かれた全道大会「フジパングループプレゼンツ2019ロバパン...

室蘭民報

天文同好会の田中会長が全国協議会会長賞を受賞【壮瞥】

 壮瞥天文同好会の田中文夫会長(71)=壮瞥町滝之町=は、第31回「星空の街・あおぞらの街」全国大会in弟子屈町で、全国協議会会長賞の個人賞を受賞した。天体観測施設「森と木の里センター」(壮瞥町...

室蘭民報

登別出身俳優・津村さんが9月5日に道出身者による公演【登別】

 登別市出身の俳優・津村知与支さんが出演する公演が9月5日、富士町の市民会館で行われる。津村さんは「老若男女問わずどの世代が見ても、人間が持つユーモラスや切なさを感じ取ることができる内容です」と...

室蘭民報

広域ビル10周年祝う「ビルまつり」が22日に開催【室蘭】

 第9回むろらん広域センタービルまつり(室蘭商工会議所など主催)が22日、室蘭市海岸町の同センタービル玄関前広場と1階道民ホールを会場に開催される。ビアガーデンや露店10店が並び抽選会を予定。2...