北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地場加工品輸出へ連携 町と協定 ソフトバンク関連会社【上士幌】

 地場産品を海外に売り込もうと、上士幌町とソフトバンクの関連会社「umamil(ウマミル)」(東京)は12日午前、包括連携協定を結んだ。具体的な協力内容は今後詰めるが、日本の加工品の輸出支援を手掛ける同社に、町が情報提供などで協力していく考えだ。同社が外部機関と連携協定を結ぶのは上士幌が初めて。

連携協定を結んだ竹中町長とウマミルの佐藤社長(右から)

 ウマミルはソフトバンクの子会社で、新規事業の立ち上げなどを手掛けるSBイノベンチャー(東京)が1日付で設立。食品輸出で国内の事業者と、海外の商社や小売り店、飲食店を取り次ぐ役割を担う。

 日本の食品は海外で人気が高い半面、言語面や必要な輸送手続きが分からないなどで、海外への販路拡大に踏み込めない国内事業者も多い。ウマミルはそれらの手続きを代行し、海外バイヤーからの問い合わせにも対応するほか、商品ごとのニーズ調査も担う。

 国内事業者はウマミルのウェブサイト上に自社の商品を無料で掲載できる。経費は食品サンプルの輸出料最大月額2万円。輸出に必要な一連の手続きをウマミルに一任することで、経費は通常の10分の1以下に抑えられるという。

 同社によると、シンガポールの食品事業者がすでにウマミルに登録しており、同国の飲食店1500店に食材輸出を開始できる体制だ。来年以降、アジア圏の事業者を中心に登録を呼び掛けていく考え。

 町はこれまで地場食材の提供や自動運転バスの実証実験などでソフトバンクの関連会社と関わりがあり、これらを背景に今回の協定締結が実現。今後、町などが出資する地域商社「カーチ」が中心となって町内の食品事業者にサービスを周知していく。

 この日、町役場で調印を交わした同社の佐藤晶洋社長は「道内食材へのニーズは根強い。上士幌の商品の販路拡大につなげられるよう頑張りたい」、竹中貢町長は「事業者が経済的なリスクを抱えず海外市場に挑戦できることは喜ばしい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...