北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地場加工品輸出へ連携 町と協定 ソフトバンク関連会社【上士幌】

 地場産品を海外に売り込もうと、上士幌町とソフトバンクの関連会社「umamil(ウマミル)」(東京)は12日午前、包括連携協定を結んだ。具体的な協力内容は今後詰めるが、日本の加工品の輸出支援を手掛ける同社に、町が情報提供などで協力していく考えだ。同社が外部機関と連携協定を結ぶのは上士幌が初めて。

連携協定を結んだ竹中町長とウマミルの佐藤社長(右から)

 ウマミルはソフトバンクの子会社で、新規事業の立ち上げなどを手掛けるSBイノベンチャー(東京)が1日付で設立。食品輸出で国内の事業者と、海外の商社や小売り店、飲食店を取り次ぐ役割を担う。

 日本の食品は海外で人気が高い半面、言語面や必要な輸送手続きが分からないなどで、海外への販路拡大に踏み込めない国内事業者も多い。ウマミルはそれらの手続きを代行し、海外バイヤーからの問い合わせにも対応するほか、商品ごとのニーズ調査も担う。

 国内事業者はウマミルのウェブサイト上に自社の商品を無料で掲載できる。経費は食品サンプルの輸出料最大月額2万円。輸出に必要な一連の手続きをウマミルに一任することで、経費は通常の10分の1以下に抑えられるという。

 同社によると、シンガポールの食品事業者がすでにウマミルに登録しており、同国の飲食店1500店に食材輸出を開始できる体制だ。来年以降、アジア圏の事業者を中心に登録を呼び掛けていく考え。

 町はこれまで地場食材の提供や自動運転バスの実証実験などでソフトバンクの関連会社と関わりがあり、これらを背景に今回の協定締結が実現。今後、町などが出資する地域商社「カーチ」が中心となって町内の食品事業者にサービスを周知していく。

 この日、町役場で調印を交わした同社の佐藤晶洋社長は「道内食材へのニーズは根強い。上士幌の商品の販路拡大につなげられるよう頑張りたい」、竹中貢町長は「事業者が経済的なリスクを抱えず海外市場に挑戦できることは喜ばしい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

たてがみ切られる【浦河】

 浦河町西舎のうらかわ優駿ビレッジアエルで引退名馬としてけい養し、一般公開しているダービー馬のウイニングチケットのたてがみの一部が切り取られた。アエル乗馬課では「13日から14日朝までの間と思われ...

日高報知新聞

日高町の「タコロッケ」【日高】

【日高】6、7、8の3日間、札幌ドームで開かれた日本ハム応援大使企画「第10回なまらうまいっしょ!グランプリ」で、日高町商工会青年部(中口聖太部長)考案の新メニュー「タコロッケ」が見事グランプリ...

根室新聞

「クナシリ・メナシの戦い」無念の最期を遂げたアイヌ民族先祖を供養【根室】

 1789年(寛政元年)の「クナシリ・メナシの戦い」で、蜂起した首謀者として当時の松前藩によって処刑された37人のアイヌを供養するノツカマップ・イチャルパ(供養祭)が15日、市内牧の内のノツカ...

根室新聞

21、22日「さんま祭り」縮小開催 炭火焼きは例年どおり【根室】

 記録的な不漁が続く道東沖サンマ漁は、今週末(21、22日)に開かれる第27回根室さんま祭り(田家徹実行委員長)にも大きな影を落としている。一昨年の不漁時には「日本一の産地の心意気」(田家実行委員...

苫小牧民報

秋サケ漁 回復傾向に 胆振太平洋海域─今後に期待

 今月1日から始まった胆振太平洋海域(室蘭―むかわ)の秋サケ定置網漁の漁獲量が上向き始めた。苫小牧漁協は解禁直後、日量1トン未満で推移していたが、14日から回復し、10トン近くを水揚げする日もある...