北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地場加工品輸出へ連携 町と協定 ソフトバンク関連会社【上士幌】

 地場産品を海外に売り込もうと、上士幌町とソフトバンクの関連会社「umamil(ウマミル)」(東京)は12日午前、包括連携協定を結んだ。具体的な協力内容は今後詰めるが、日本の加工品の輸出支援を手掛ける同社に、町が情報提供などで協力していく考えだ。同社が外部機関と連携協定を結ぶのは上士幌が初めて。

連携協定を結んだ竹中町長とウマミルの佐藤社長(右から)

 ウマミルはソフトバンクの子会社で、新規事業の立ち上げなどを手掛けるSBイノベンチャー(東京)が1日付で設立。食品輸出で国内の事業者と、海外の商社や小売り店、飲食店を取り次ぐ役割を担う。

 日本の食品は海外で人気が高い半面、言語面や必要な輸送手続きが分からないなどで、海外への販路拡大に踏み込めない国内事業者も多い。ウマミルはそれらの手続きを代行し、海外バイヤーからの問い合わせにも対応するほか、商品ごとのニーズ調査も担う。

 国内事業者はウマミルのウェブサイト上に自社の商品を無料で掲載できる。経費は食品サンプルの輸出料最大月額2万円。輸出に必要な一連の手続きをウマミルに一任することで、経費は通常の10分の1以下に抑えられるという。

 同社によると、シンガポールの食品事業者がすでにウマミルに登録しており、同国の飲食店1500店に食材輸出を開始できる体制だ。来年以降、アジア圏の事業者を中心に登録を呼び掛けていく考え。

 町はこれまで地場食材の提供や自動運転バスの実証実験などでソフトバンクの関連会社と関わりがあり、これらを背景に今回の協定締結が実現。今後、町などが出資する地域商社「カーチ」が中心となって町内の食品事業者にサービスを周知していく。

 この日、町役場で調印を交わした同社の佐藤晶洋社長は「道内食材へのニーズは根強い。上士幌の商品の販路拡大につなげられるよう頑張りたい」、竹中貢町長は「事業者が経済的なリスクを抱えず海外市場に挑戦できることは喜ばしい」と話している。

関連記事

函館新聞

35人、調理師へ第一歩 大妻高食物健康科で戴帽式【函館】

 函館大妻高校(池田延巳校長)は19日、食物健康科戴帽式・対面式を開いた。同科の1年生35人が上級生や保護者の見守る中でコック帽をかぶり、調理師への第一歩を踏み出した。  同科の1年生は入学...

函館新聞

南極中継や講演会 8月17日からはこだて国際科学祭【函館】

 今年で11回目を迎えるはこだて国際科学祭が8月17~25日、五稜郭タワーなど函館市内各所で開かれる。今年のテーマは「『食』が育む、函館の未来。」。プレイベントとして7月20日から8月11日まで...

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...