北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

B☆B、「町民」に 住民と交流で地域貢献【大樹】

 プロ野球北海道日本ハムファイターズのマスコットB☆Bが今年度、「町民」として地域住民と交流することが決まった。大樹では夏場に2週間ほど滞在するほか、季節や要望に応じて随時訪れる。同球団による新規の地域貢献プロジェクトで、今年度は大樹のほか、桧山管内今金町、オホーツク管内斜里町の3自治体が選ばれた。

酒森町長(中央)にあいさつしたB☆B(右)。左は町のマスコットキャラクター「コスピー」

 「The HOME~B☆Bみらい大志プロジェクト」と題した年度単位の取り組み。2018年から「みらい大志」として地域貢献活動を行っているB☆Bがより深く、継続的な地域貢献を行うことが目的。

 B☆Bは9日、大樹町役場を訪れ、酒森正人町長と対面してがっちりと握手。酒森町長は「町を盛り上げてほしい」と期待を寄せた。

 大樹には7月28日から8月11日まで滞在する予定。8月4日開催の第30回歴舟川清流まつり(町、町観光協会主催)への出演のほか、保育園や高齢者施設、野球少年団への訪問なども検討している。滞在の様子は、球団公式サイトで発信する。

 3自治体は地域バランスを考慮して球団が選定。北海道日本ハムファイターズ大樹後援会(神山良仁会長、57人)の関係者は「非常にうれしい。後援会のテレビ観戦会にぜひB☆Bに参加してほしい」と話している。

 町ではB☆Bに来てほしい団体などを募集している。問い合わせは町企画商工課(01558・6・2114)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

無人古書店 開業 支払いはガチャガチャで【帯広】

 帯広市内に無人古書店「馬酔本(うま、ほんによう)」(西2南19)が開店した。十勝管内ではまれな個人による実店舗の古書店開業。無人化は人件費を掛けずに持続可能な店づくりを実現するため採用したシ...

十勝毎日新聞

鹿追高に女子寮開設 生徒確保へ町支援方針 来春【鹿追】

 鹿追町は鹿追高校の生徒確保に向け、来年4月に女子生徒専用の下宿を開設する方針を固めた。現在は男子寮だけで、女子の受け皿を求める声が上がっていた。  町内の旅館を活用。定員5人で、いずれも個...

十勝毎日新聞

キリンの「ユルリ」帯広に 「メープル」と繁殖目指す【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)は18日午後、多摩動物公園(東京)からおびひろ動物園に移送されるアミメキリンが「ユルリ」(雌、2歳)に決定したと発表した。同園の「メープル」(雄、4歳)と繁殖を...

室蘭民報

ボストン在住の菊地さんが米国の高度看護師資格を取得【室蘭】

 室蘭市出身で現在米国マサチューセッツ州ボストン在住の菊地以都子さん(40)が、看護師が医師の指示を受けずに一定レベルの診断や治療ができる米国の国家資格「Nurse Practitioner(ナ...

室蘭民報

社会人野球日本選手権道予選あす開幕、シャークスが連覇狙う【室蘭】

 日本製鉄室蘭シャークス(比嘉泰裕監督)が、第45回社会人野球日本選手権北海道地区予選大会(20~22日、札幌円山球場)に出場する。今夏の都市対抗野球以降、鍛えてきた打力と、安定した投手陣を武器...