北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

アイヌ文化など紹介するミニパネル巡回展【登別、白老】

オオバユリの特徴などをパネルで紹介している巡回展

 アイヌ文化や身近な動植物、自然環境などを紹介する、アイヌ民族博物館(白老町)のミニパネル巡回展が、登別市若山町のキウシト湿原ビジターセンターなどで開かれている。今回は同湿原にも群生するオオバユリにスポットを当てた内容。登別在住者が風景画や解説用イラストを手掛けるなど地域と連携した展示となっている。

 アイヌ民族が自然の恵みを活用してきたことから、巡回展では一つの種にスポットを当てて、アイヌ語名や特徴、利用方法などを紹介。今回は同センターの保全区にも群生しているオオバユリを取り上げている。

 パネルでは、オオバユリのアイヌ語名・トゥレプが鱗茎(りんけい)を指す呼称で「溶け・させる・もの」との意味があることや、オオバユリの採集方法や道具、鱗茎の処理とでんぷんの加工、種子から成熟するまでを紹介している。トゥレプやプクサ(ギョウジャニンニク)を用いた保存食、登別付近の植物地名なども加えた。

 パネル展は開催に向けて地域住民らと連携しているのが特色。市内在住の会社員・安本喜英さんは植物のある風景画を展示。パネルの解説用イラストは、日本工学院北海道専門学校の学生・辻愛美さんが手掛けた。

 同博物館の学芸員・堀江純子さんは「動植物のアイヌ語の名前など、さまざまな角度からアイヌ文化を知ってもらいたい」と話している。展示は年内いっぱいの予定。

 同ビジターセンターのほか、同博物館など白老町内4カ所でも開催している。

関連記事

名寄新聞

星空眺めて疲れ癒やして・26日に「春眠プラ寝たリウム」【名寄】

 「春眠プラ寝たリウム」が、26日になよろ市立天文台「きたすばる」で行われる。  毎年11月23日の「勤労感謝の日」に合わせて実施している寝るためのプラネタリウム「プラ寝たリウム」の派生イベントと...

十勝毎日新聞

あふれる菜の花 黒田農場【音更】

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

ゆっくり「キハ40系」の旅 鉄道の日 10月14日運行【新得】

 新得町商工会(湯浅悟史会長)は「鉄道の日」の10月14日、「キハ40系で行く石勝線信号場停車の旅」を実施する。町開拓120周年を記念した特別列車で、普段は特急しか走行しない線路を、各信号場に停車...

根室新聞

12日から下河原達也さん写真展=道の駅スワン44【根室】

 根室市観光協会が主催する根室フォトコンテストで3年連続最優秀賞を受賞しているアマチュア写真家・下河原達也さんの写真展「冬の奏」が道の駅「スワン44ねむろ」で12日から開かれる。6月30日まで。 ...

名寄新聞

19日に万里長城祭開催・焼き肉、お笑い、演奏など多彩【下川】

 築城33年を迎える「万里長城祭」は、同実行委員会(石谷英人委員長)主催で、19日午前10時半から午後2時半まで桜ヶ丘公園特設会場で開かれる。  万里長城は、町民手づくりの観光資源開発を目指そう―と草地...