北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

存続へ 資金集め正念場 「十勝の選手 受け皿にも」【帯広】

 今季限りで廃部となったアイスホッケー「日本製紙クレインズ」のクラブチームとしての存続を目指し、運営会社「東北海道アイスホッケークラブ合同会社」の茅森健一代表社員ら関係者のスポンサー集めが本格化している。釧路を中心に、十勝を含んだ道東エリアのクラブチームとしての再出発を視野に入れている。

クレインズのクラブチーム存続へ向け、協力を呼び掛ける(右から)茅森健一氏と安永敦美氏

 釧路市を本拠地とするクレインズは1949年に前身の十條製紙として創設。アジアリーグを4度、全日本選手権も7度の優勝を誇る名門チームで、最後となった今季も同リーグで準優勝した。選手の多くが社員として所属する日本製紙の経営合理化に伴い廃部が決定。存続を模索する中で、3月末に合同会社の立ち上げを発表し、今月に入り運営費の確保のため多くの企業などを回っている。

 12日には、前オーナー兼代表の安永敦美日本製紙執行役員(釧路工場長)と合同会社の茅森氏らが十勝毎日新聞社を訪れ、これまでの経緯や今後の見通しなどを話した。

 安永氏らによると、運営費は25人前後の選手の人件費を含めて年間3億~4億円。節減しても2億円が必要とみている。これまでに確定したスポンサーはなく、存続への道は簡単ではない。茅森氏も「数社が数千万円規模の前向きな話はあるが、まだ心もとないのが実情。時間がなくハードルも高い」と話す。

 アジアリーグの加盟申請締め切りの30日までに、1億~1億5000万円のめどを立てたいという。ユニホームに企業名などを載せるスポンサーは200万円から2000万円まで。ホーム主催試合(15試合程度)での社名紹介や公式ホームページのバナーなどの協賛サポーターは、年額10万円、20万円、30万円、100万円の4区分。存続した場合は、2014年以来となる帯広での試合を行う予定だ。ジュニア選手の育成にも力を入れる。

 苫小牧市出身で、札幌市でスポーツ用品販売会社を営む茅森氏はクレインズと関わりがなかったが、「チーム消滅は日本アイスホッケー界にとってマイナス」との危機感から手を挙げた。安永氏も「十勝には白樺学園、清水と強い高校がある。地域の有望な選手の受け皿としても必要」と協力に理解を求める。

 問い合わせは茅森氏へ電話(050・5360・5206)、ファクス(0154・51・1203)、Eメール(ken@cranes.team)で。

関連記事

日高報知新聞

吊り下げ装置からの落下事故【浦河】

 浦河労働基準監督署は、14日に日高管内の牧場で馬運車の箱(約1・8㌧)が門型の吊り下げ装置から落下し、作業員が死亡する事故が発生したことを受け、各町役場や浦河労働基準協会、日本中央競馬会日高育成牧...

日高報知新聞

運転免許を自主返納【新ひだか】

【新ひだか】運転免許自主返納に係る「ワンストップ窓口」が25日、町役場1階相談コーナーで開設された。静内警察署と静内地区交通安全協会、町、町交通安全協会などの共催。  静内警察署の窓口で、運転...

苫小牧民報

虎杖浜竹浦観光連合会が、アヨロ鼻灯台の周辺利用計画策定

 白老町の虎杖浜竹浦観光連合会(福田茂穂会長)は、虎杖浜にあるアヨロ鼻灯台の周辺利用計画(2019~23年度)を策定した。16年度に廃止された灯台や周辺区域を観光拠点として整備、活用の方向性を示...

十勝毎日新聞

フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演【十勝】

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

十勝毎日新聞

ハスカップ手に笑顔 収穫体験始まる【士幌】

 士幌町下居辺の果樹ほ場で24日、ハスカップ狩りが始まった。たわわに実ったみずみずしいハスカップを求め、初日から多くの人たちが訪れている。7月8日まで。  果樹ほ場は同地区の住民有志でつくる...