北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

なつぞら 草刈さんと愛馬「桃姫」 忠類の蛭川さん馬車指導【幕別】

「なつぞら」に出演する桃姫と蛭川さん(右)。左は妻の千鶴子さん

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」では、十勝の自然に溶け込んだ印象的な馬車のシーンが登場する。馬車指導を担当したのは幕別町忠類の蛭川徹さん(43)で、愛馬「桃姫」(雌、11歳)が草刈正雄さんと息の合った演技を披露している。

 劇中では牛乳運搬や移動手段として、草刈さん演じる柴田泰樹が馬車を操っている。蛭川さんは馬牧場「ノースポール・ステイブルヒルカワ」代表。8年前からイベント会場で馬車営業を行い、近年は馬耕(ばこう)文化伝承にも力を入れている。

 草刈さんは十勝ロケ直前の2018年6月に蛭川さんの牧場を訪れ、2日間練習した。牧場から1キロ先の耕作放棄地まで桃姫を操り馬車で移動し、プラウと呼ばれる農機具を引かせて畑起こしを体験した。

 楽しそうに何度も繰り返した草刈さんは、プラウ操作の効果的な歩き方を編み出し、「座頭市歩き」と名付けたという。この練習成果は、13日放送の馬を使った農地開墾や馬耕シーンに生かされた。

 撮影現場にも立ち会った蛭川さんは「草刈さんは自然体で、馬が止まってもあせらず御していた。賢くておとなしい桃姫との相性も良く、息が合っていた」と振り返る。

 中間種の桃姫はこれまでも数回、ドラマや映画に出演したベテラン役者。過去には銃で撃たれて死ぬという難役にも挑戦した。準備中に草を食べて周囲をはらはらさせたが、本番では微動だにせず、カットが掛かるとすぐに起き上がる“プロ根性”を見せた。

 なつぞらでは、開拓時の人間と馬の密接な関係も描かれている。蛭川さんは「開拓者の生きる知恵や人間力は学ぶべきものがある。馬文化を残すため、なつぞらをきっかけに多くの人に興味を持ってほしい」と期待する。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...