北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

夢かけ若駒駆ける ばんえい能力検査【帯広】

関係者やファンが見守る中、若馬がデビューを目指して駆け抜けた能力検査

 ばんえい十勝は14日、第1回能力検査(能検)を帯広競馬場で行った。競走馬デビューを目指す2、3歳馬がファンの声援を受けながら、走路200メートルを駆け抜けた。

 能検は、ばんえい競馬に出走申し込みができる資格を得るためのテスト。今年は2歳馬185頭、3歳馬1頭がエントリーした。

 馬体検査のほか、重さ460~480キロ(3歳馬は550キロ)のそりを引き、調教状況や完走タイムを審査する。この日は午前8時から第1競走が出走。生産者や馬主、ファンらが訪れ、声援を送りながら若駒の挑戦を見守った。 

 岩手県から毎年、能検を見に訪れるという男性(32)は「今年は苦戦する馬が多いようだが、合格し、さらに成長してレースで走るのを楽しみにしている」と話した。

 合否はこの日のうちに判定され、合格した馬は5月4日以降、レースに出走する。能検は8月23日まで計10回行われる。

関連記事

日高報知新聞

たてがみ切られる【浦河】

 浦河町西舎のうらかわ優駿ビレッジアエルで引退名馬としてけい養し、一般公開しているダービー馬のウイニングチケットのたてがみの一部が切り取られた。アエル乗馬課では「13日から14日朝までの間と思われ...

日高報知新聞

日高町の「タコロッケ」【日高】

【日高】6、7、8の3日間、札幌ドームで開かれた日本ハム応援大使企画「第10回なまらうまいっしょ!グランプリ」で、日高町商工会青年部(中口聖太部長)考案の新メニュー「タコロッケ」が見事グランプリ...

根室新聞

「クナシリ・メナシの戦い」無念の最期を遂げたアイヌ民族先祖を供養【根室】

 1789年(寛政元年)の「クナシリ・メナシの戦い」で、蜂起した首謀者として当時の松前藩によって処刑された37人のアイヌを供養するノツカマップ・イチャルパ(供養祭)が15日、市内牧の内のノツカ...

根室新聞

21、22日「さんま祭り」縮小開催 炭火焼きは例年どおり【根室】

 記録的な不漁が続く道東沖サンマ漁は、今週末(21、22日)に開かれる第27回根室さんま祭り(田家徹実行委員長)にも大きな影を落としている。一昨年の不漁時には「日本一の産地の心意気」(田家実行委員...

苫小牧民報

秋サケ漁 回復傾向に 胆振太平洋海域─今後に期待

 今月1日から始まった胆振太平洋海域(室蘭―むかわ)の秋サケ定置網漁の漁獲量が上向き始めた。苫小牧漁協は解禁直後、日量1トン未満で推移していたが、14日から回復し、10トン近くを水揚げする日もある...