北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

D型ハウスで革製品販売 エゾシカで製品化【池田】

 今年3月末まで町地域おこし協力隊員だった長谷耕平さん(33)が、エゾシカ革製品などの販売店「EZO LEATHER WORKS(エゾレザーワークス)」を27日にオープンさせる。協力隊を足掛かりに池田町に移住し、任期の3年間に人脈を築き、周囲の支えもあって定住する環境が整った。

D型ハウス内を店舗兼自宅に改修した長谷さん。後ろはエゾレザーワークスの実店舗

 長谷さんは、2016年4月に東京から協力隊員として池田町に移住。町のエゾシカ等解体加工施設に勤務し、所持する狩猟免許を生かしエゾシカ猟で自ら仕留めた皮をなめし、その革を素材に全国各地の革作家に製品化を依頼。17年5月にオンラインショップ「エゾレザーワークス」を開設し、製品を販売している。

 昨年8月、町清見163の約800平方メートルの土地と、そこに建っていたD型ハウス(約200平方メートル)を購入。移住の際に世話になった町内の赤坂建設の赤坂正社長に相談に乗ってもらいながら、D型ハウスを自らの手で改修した。

 長谷さんはログハウスビルダーだった腕前を発揮し、D型ハウス内に枕木を敷き、その上に住居となる移動可能なタイニーハウス(約17平方メートル)を建て、ベッドやキッチン、バスルームも完備。それとは別に実店舗(約25平方メートル)や事務スペース(約10平方メートル)も整備し、上下水道、電気、電話などの生活環境を数か月かけて整えてきた。

 待望の実店舗オープンを前に、長谷さんは「周囲の支えに感謝している。この場所をエゾシカアイテムをプロデュースする拠点にしたい」と意欲を見せる。実店舗オープン後もオンラインショップは継続する。

 D型ハウス内は冬季は氷点下に冷え込むが、タイニーハウス内は快適に過ごせるという。今後は屋外に工房も構える。

 近く第2子が誕生予定で、妻真澄さん(39)、長男(3)と一家4人の生活を始める。将来的には子どもの成長を見越して、町内に新たな土地を購入し、手狭になるタイニーハウスからもっと大きなログハウスを自らの手で建設する夢を描いている。

 エゾレザーワークスの実店舗は、午前11時~午後5時。毎週火・水曜日は定休日。問い合わせは、エゾレザーワークス実店舗(015・578・7256)へ。

関連記事

日高報知新聞

たてがみ切られる【浦河】

 浦河町西舎のうらかわ優駿ビレッジアエルで引退名馬としてけい養し、一般公開しているダービー馬のウイニングチケットのたてがみの一部が切り取られた。アエル乗馬課では「13日から14日朝までの間と思われ...

日高報知新聞

日高町の「タコロッケ」【日高】

【日高】6、7、8の3日間、札幌ドームで開かれた日本ハム応援大使企画「第10回なまらうまいっしょ!グランプリ」で、日高町商工会青年部(中口聖太部長)考案の新メニュー「タコロッケ」が見事グランプリ...

根室新聞

「クナシリ・メナシの戦い」無念の最期を遂げたアイヌ民族先祖を供養【根室】

 1789年(寛政元年)の「クナシリ・メナシの戦い」で、蜂起した首謀者として当時の松前藩によって処刑された37人のアイヌを供養するノツカマップ・イチャルパ(供養祭)が15日、市内牧の内のノツカ...

根室新聞

21、22日「さんま祭り」縮小開催 炭火焼きは例年どおり【根室】

 記録的な不漁が続く道東沖サンマ漁は、今週末(21、22日)に開かれる第27回根室さんま祭り(田家徹実行委員長)にも大きな影を落としている。一昨年の不漁時には「日本一の産地の心意気」(田家実行委員...

苫小牧民報

秋サケ漁 回復傾向に 胆振太平洋海域─今後に期待

 今月1日から始まった胆振太平洋海域(室蘭―むかわ)の秋サケ定置網漁の漁獲量が上向き始めた。苫小牧漁協は解禁直後、日量1トン未満で推移していたが、14日から回復し、10トン近くを水揚げする日もある...