北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

幸福駅で願かけて 切符形「願札」とハートの「結札」登場【帯広】

 帯広市の幸福駅でカフェを運営するカンナ・カンナ(三浦直美代表)は21日から、地域の木材を活用した木札「幸福願札(ねがいふだ)」と「幸福結札(むすびふだ)」を提供する。生産活動を通じて発達障害や引きこもりなど社会的に弱い立場の人とのつながりが生まれることも期待され、観光と福祉をつなげる「観福連携」を推進する。

「幸福願札」と「幸福結札」を手にする(右から)三浦代表と夫の潤一さん

地域の木材を活用
 幸福駅は「恋人の聖地」として全国的にも認知度が高い観光スポットだが、「幸せ」や「願い」を主な目的に提供されているツールはなかった。

 そこで新たなコンテンツとして、木材販売のBATON PLUS(浦幌町)の協力を得て、地域のカラマツ材を活用した木札を販売することを考えた。

福祉と観光連携も
 また、発案者で三浦代表の夫の潤一さんは発達障害を持ちながら、環境活動や発達障害当事者・家族の支援に取り組んできた。木札生産に当たっては、ひもを通したり、スタンプを押したりする軽作業を社会的に立場の弱い人に担ってもらい、環境・観光・福祉を融合させたコンテンツとして進めていきたい考え。

 潤一さんは「観光と福祉をうまく連携させた例は今までなかった。ここから広めていきたい」と話している。

 願札は縦8センチ、横15センチの切符形で600円。結札は縦9センチ、横12センチのハート形で800円。2年前から閉店していた幸福駅の「願いごと館」をリニューアルさせ、取り扱う。

 木札は幸福駅に設置される専用の台とカフェ幸福村に掛けることができ、年に1度、帯広の大正神社に奉納される。幸福駅でのウエディングイベント「ハッピーセレモニー」でも、メッセージカードの代わりに木札に書いてもらうことも計画している。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...