北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

幸福駅で願かけて 切符形「願札」とハートの「結札」登場【帯広】

 帯広市の幸福駅でカフェを運営するカンナ・カンナ(三浦直美代表)は21日から、地域の木材を活用した木札「幸福願札(ねがいふだ)」と「幸福結札(むすびふだ)」を提供する。生産活動を通じて発達障害や引きこもりなど社会的に弱い立場の人とのつながりが生まれることも期待され、観光と福祉をつなげる「観福連携」を推進する。

「幸福願札」と「幸福結札」を手にする(右から)三浦代表と夫の潤一さん

地域の木材を活用
 幸福駅は「恋人の聖地」として全国的にも認知度が高い観光スポットだが、「幸せ」や「願い」を主な目的に提供されているツールはなかった。

 そこで新たなコンテンツとして、木材販売のBATON PLUS(浦幌町)の協力を得て、地域のカラマツ材を活用した木札を販売することを考えた。

福祉と観光連携も
 また、発案者で三浦代表の夫の潤一さんは発達障害を持ちながら、環境活動や発達障害当事者・家族の支援に取り組んできた。木札生産に当たっては、ひもを通したり、スタンプを押したりする軽作業を社会的に立場の弱い人に担ってもらい、環境・観光・福祉を融合させたコンテンツとして進めていきたい考え。

 潤一さんは「観光と福祉をうまく連携させた例は今までなかった。ここから広めていきたい」と話している。

 願札は縦8センチ、横15センチの切符形で600円。結札は縦9センチ、横12センチのハート形で800円。2年前から閉店していた幸福駅の「願いごと館」をリニューアルさせ、取り扱う。

 木札は幸福駅に設置される専用の台とカフェ幸福村に掛けることができ、年に1度、帯広の大正神社に奉納される。幸福駅でのウエディングイベント「ハッピーセレモニー」でも、メッセージカードの代わりに木札に書いてもらうことも計画している。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...