北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

支笏湖湖水開き、観光シーズン到来 1年の安全と千客万来祈願

鉄橋に取り付けられた銘板(上)

 千歳市支笏湖温泉の千歳川に架かる「山線鉄橋」で14日、公益社団法人土木学会の選奨土木遺産認定(2018年度)を記念した銘板の除幕式が行われた。同鉄橋は王子製紙が北海道官営鉄道の払い下げを受け1924年に支笏湖に移設されてから地域のシンボルとなっている。

 セレモニーには関係者や居合わせた観光客ら約100人が集まった。鉄橋を管理する千歳市の横田隆一副市長は鉄橋の歴史に触れながら「道内に現存する最古の鉄橋。赤色と美しい構造が支笏湖の景観にマッチする」と述べ、「今年から3年かけて改修し支笏湖のシンボルを次世代につなぎたい」と表明した。

 支笏湖小の児童8人がひもを引くと端柱に取り付けた「土木学会選奨土木遺産」と記された銘板が現れた。続いて同校PTCAが作詞作曲した「支笏湖山線鉄橋のうた」を元気に歌い、集まった関係者や観光客に披露した。

 亀田冬樹PTCA会長は歌について「地域の皆さんと一緒に知恵を出し合い子供たちが歌いやすく、愛着を持ち長く歌い継がれるふるさとの歌を―と作り上げた」と語った。「水質日本一の水や、きらきら輝く日の出の美しさなどを紡ぎました」と経緯を振り返った。

 自然公園財団統括の木下宏さんが地元を代表したあいさつで「鉄橋は120歳。役割を終えてから今年で68年で住民の心のよりどころになっている。歌を通じ次の世代に確実に伝わると確信した」と述べた。

 支笏湖ビジターセンターでは14日から「土木遺産カード」を限定900枚を配布している。

 選奨土木遺産認定制度は土木遺産の顕彰を通じ歴史的構造物を保護し地域の資源としてまちづくりに活用するのが目的。昨年秋に認定を受けた山線鉄橋は移設以来、苫小牧―支笏湖畔間で建設資材や木材を輸送する軽便鉄道「山線」を51年の廃止まで運行した。

「支笏湖山線鉄橋のうた」

らんららんららんららん らんららんららんららん

(1) あお(碧)のみずうみ(湖)支笏湖に 真っ赤な橋が輝いて 小鳥たちも唄ってる らんららんら山線鉄橋よ

(2) 銀ピカひめます 群れ成して 白いけむ(煙)吐く樽前山 エゾシカたちも渡ってく らんららんら山線鉄橋よ

(3) 水の中にはばいかも(梅花藻)咲いて 清き流れのみなもと(源)に かかるその橋 われらの自慢 らんららんら山線鉄橋よ

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...